注目の寄席・・・注目の寄席・・・
top
◎◎平成17年9月6日(火)開場18時 開演18時半◎◎
第8回 「桂 梅團治 ふるさと岡山公演」
(岡山県天神山文化プラザ 後援)
 
◆天満天神繁昌亭では、存続の為に噺家が色んなアイデアを考えています。こんな面白い方法で、ご支援をして頂ける方々を募集していますので、宜しくお願いします。
 

◆新型コロナウイルス感染拡大を防止する為、閉館をしていた天満天神繁昌亭が、7月1日から入場者数を制限してスタートしました。
入場者数が制限されている為、この先は運営の困難が予想されます。
そこで、天満天神繁昌亭の高座をライブ配信をする事が決まりました。
あなたも登録して天満天神繁昌亭の高座をお楽しみください。
※詳細はチラシを参照
 
 
令和3年2月11日(木祝)13時半
「第13回 福は内 新倉敷に上方落語がやって来る! 岡山縁者が演者でええんじゃの巻」

梅團治・瓶生・愛染・小梅
※落語グッズが当たる抽選会あり

岡山県倉敷市、玉島市民文化センター

前売り&予約2000円/当日2500円(Pコード:503-997)

問い合わせ&チケットご予約:06-6606-5632

umedanji@nifty.com梅團治事務所
 
◎梅團治の故郷、岡山県倉敷市で年一回2月初旬の休日に開催している落語会。名付けて「福は内 新倉敷に上方落語がやって来る! 岡山縁者が演者でええんじゃの巻」岡山県に所縁のある噺家が出演する落語会で、今回が13回目になります。
今回は、倉敷市出身で玉島高卒の桂 梅團治、岡山市出身で鶴瓶門下の笑福亭 瓶生、岡山大学理学部中退の林家 愛染、そして師匠で父親(梅團治)が岡山県人の小梅が出演。また落語グッズの当たる抽選会もあります。今回はコロナ禍での開催になりますので、密を避ける為に席数は半分にして開催します。また受付でのアルコール消毒、検温等にご協力ください。必ずマスク着用でご来場ください。皆さんのご来場をお待ちしております。
 
 

 
令和3年2月7日()13時半
「第56回 ほろ酔い寄席〜桂 春若芸歴五十周年&同期競演」

小梅・咲之輔(2007年入門)・団四郎
〜中入〜
小鯛(2007年入門)・春若

住吉区民センター(住吉区役所隣接)

電話予約&当日とも2500円※100人限定

問い合わせ&予約:06-6606-5632
umedanji@nifty.com梅團治事務所
 
◎三代目春団治が住んでいた住吉区を中心とした皆さんが、スタッフになって開催してくれているのが、この「ほろ酔い寄席」です。三代目が亡くなった後も「三代目桂春団治を囲む会」の名称を「三代目春団治倶楽部」と改めて活動を継続してくれています。梅團治が番組企画をはじめ、世話人の皆さんと一緒に落語会の開催を手伝っています。
2年前から一門以外のゲストも一人招いて開催するようになりましたので、より多くの噺家さんの高座を楽しむ事ができるようになりました。引き続き、三代目春団治一門へのご支援をお願い致します。
また、コロナ感染拡大予防対策も取らせてもらっていますので、皆様は必ずマスクを着用してご来場下さい。
 
 

 
令和3年1月20日(水)18時半
「第26回 めざせ!四天王の会〜十八番に挑戦」


二葉・「看板の一」梅團治・「胴乱の幸助」鶴二
〜中入〜
「寄合酒」枝光・「くしゃみ講釈」米平

天満天神繁昌亭

前売り2500円/当日2800円
(チケットぴあ:Pコード597-700)

問い合わせ:06-6606-5632(電話・FAX共用)
umedanji@nifty.com梅團治事務所
 
◎天満天神繁昌亭で年2回、1月と6月に開催している落語会です。
松鶴・米朝・文枝・春團治の四人、いわゆる「上方落語四天王」の直弟子、枝光・梅團治・米平・鶴二の四人が、毎回出演順を変えて、四天王が高座に掛けていた前座噺から大ネタまで様々な噺に挑戦します。
それぞれの一門の特色が高座で再発見できるかも?その日から、あなたも落語ツウの仲間入り?皆さんのご来場をお待ちしております。
 
 

 
令和3年1月17日()18時
「第94回 花菱の会IN繁昌亭夜席」


鶴太・「六尺棒」福楽・「軒付け」春雨
〜中入〜
「ピカソ(二代目春蝶作)花團治・「不動坊」梅團治

天満天神繁昌亭

前売り2500円/当日3000円(Pコード:597-700)
102名様限定、必ずマスク着用

問い合わせ&メール予約:06−6606−5632(電話・FAX共用)
umedanji@nifty.com事務局
 
◎「花菱の会」は、三代目春團治一門の直弟子と孫弟子の芸歴35年を超えた四人が、天満天神繁昌亭で1月と7月の年2回開催している落語会です。
今回は、梅團治が上方落語の冬の爆笑噺「不動坊」を演じます。春雨は素人浄瑠璃の「軒付け」を上演。花團治は師の遺作「ピカソ」、福楽師は江戸落語の「六尺棒」を独自にアレンジ。コロナを忘れて、新春気分で楽しんでもらえる番組ですので、皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。
 
 

 
令和3年1月9日()18時半
「三代目桂春團治一門会」


福團治・春團治・春若・小春團治・梅團治・春雨・春蝶

天満天神繁昌亭

前売り3000円/当日3500円(Pコード:597-700)

問い合わせ:06-6606-5632
(電話・FAX共用)
umedanji@nifty.com梅團治事務所
06-6352-4874天満天神繁昌亭(11:00〜19:30)
 
◎上方落語四天王の一人、師匠三代目桂春團治の命日が1月9日。
その命日に直弟子七人が毎年、天満天神繁昌亭に集まって、師匠を偲んで落語会を開催しています。
三代目桂春團治の直弟子全員が揃う落語会は、この一門会だけかも?筆頭弟子の福團治は芸歴60年を超えて益々元気、末弟の春蝶も芸歴25年を超えました。前座からトリまで 、全員がキャリア充分の贅沢な一門会なので、ご来場頂いたお客さん方にご満足して頂けること間違いなし。乞うご期待!
 
 

 
12月15日(火)18時半
「東西鉄道落語家大集合2020」


小ゑん・梅團治・しん吉・駒次

東京、中央区立日本橋社会教育会館

前売り3000円/当日3500円

問い合わせ:06-6606-5632(電話・FAX共用)
umedanji@nifty.com事務局
 
◎鉄道落語家としてお馴染みの東西四人の落語家が、年末12月に東京で開催を続けている鉄道落語会です。鉄道ファンだけではなくて、落語ファンにも注目されていて、今や年末の恒例行事になった落語会。名付けて「東西鉄道落語家大集合2020」。
四人各々がジャンルの違った熱い鉄ちゃんで、その熱い思いを各々が自作の鉄道落語に込めて熱く高座で語るので、暑苦しい・・・いや、熱苦しいかも?
鉄道の事は全く分からないというお客さんも大歓迎。大いに笑って新しい年を迎えましょう!乗車券のお買い求めをお忘れなく。
 
 

チケットは完売しましたが、
コロナ感染者急増でキャンセルが出ていますので、
梅團治事務所(TEL 06-6606-5632)にお問い合わせください。
12月6日()18時開演
「『鉄』の世界」


咲之輔・「矢橋船」しん吉・「佐々木裁き」梅團治
〜中入〜
「鉄道新作落語」しん吉・「鉄道新作落語」梅團治

※終演後、スライドショー&卓上カレンダーの当たる抽選会
(アシスタント/小梅)あり

天満天神繁昌亭(現在最大入場者数102人、マスク着用)

前売り2500円/当日3000円※全席指定

残券は梅團治事務所にある2階席のみ(1階席はすでに完売)

問い合わせ:06-6606-5632
梅團治事務所
 
◎師走の風物詩で落語ファン・鉄道ファン待望の「『鉄』の世界」が今年も開催されます。
落語と鉄道がコラボした楽しいイベントで、両ファンには見逃せない年に一度だけの落語会。各方面からも注目されている「『鉄』の世界」・・・今年は、どんな「鉄道新作落語 」が出来上がるのやら?そして、終演後のオマケに梅團治・しん吉・小梅の三人で繰り広げる鉄道ニュースを含めたスライドショーと梅團治が撮影した鉄道写真の卓上カレンダーが当たる抽選会もある盛りだくさんのプログラム。「『鉄』の世界」に行かないと、新年を迎えられなくなった方もいるはず?尚、今年はコロナ禍で繁昌亭の最大入場者数は102人となっていますので、どうぞチケットはお早目にお買いお求め、またはお申込みください。ご来場をお待ちしております。
 
 

 
▽12月5日()18時開演
「新生第11回 名人は誰だ?〜美味い酒が呑みたい!」


「開口一番」呂翔・「代書屋」春若・「太鼓腹」阿か枝・「悋気の独楽」米輔
〜中入〜
「代脈」鶴二・「禁酒関所」梅團治

天満天神繁昌亭(TEL06-6352-4874)

前売り2500円/当日3000円(Pコード:597-700)

問い合わせ:06-6606-5632(Faxとも)
umedanji@nifty.com事務局
 
◎春若・米輔・梅團治・鶴二・阿か枝という一門も芸歴も様々な5人組ユニットの落語会。天満天神繁昌亭で、4月・8月・12月の年三回開催しています。とにかく、オーソドックスな「ザ・ラクゴ」という、落語会の中の落語会で「名人とは何か?」から「名人は誰だ?」という新しいタイトルに生まれ変わって11回目になります。今年になって4月はコロナ禍で中止になりましたが、8月は無事に開催。12月は梅團治がトリで「禁酒関所」を熱演します。良い事の無かった一年でしたけど、せめて年末年始ぐらいは美味いお酒を呑みたいですよね。乞うご期待!
 
 

 
11月29日()14時
「第6回 なでしこ寄席〜桂 梅團治 令和元年度芸術祭優秀賞受賞記念 春團治一門会」

小梅・春雨〜中入〜咲之輔・梅團治

神戸市西区文化センター2Fなでしこホール

前売り1800円/当日2000円
前売受講生・友の会会員1500円(当日2000円)

(Pコード503-329)
※前売り券完売の場合は当日券なし(チケットは10/1より発売)

ご来場の際は要マスク着用。最大入場者数150人。

問い合わせ:078-991-8321西区文化センター
問い合わせ&電話予約:06-6606-5632梅團治事務所
 
◎「新なでしこ寄席」として再スタートして、早や6回目。前回から「新」の字が取れて、落語会名が数年前に開催をしていた「なでしこ寄席」に戻りました。
大阪や神戸の中心街から少々お時間が掛かりますが、地下鉄西神中央駅から歩いてすぐの場所に会場があるので、電車で来ると大変便利です。また、西区文化センター「友の会」に入会すると、1500円で入場可能と大変お得。但し、「友の会」の方のチケットは会場のみの販売です。一般の方は「チケットぴあ」やセブンイレブンでもご購入頂けるし、購入の仕方が分からない方には電話予約もあります。但し、前売り券が完売した場合、当日券はございませんのでご了承ください。
満足度充分の「なでしこ寄席」をお楽しみください。ご来場をお待ちしております。
 
 
 

 
*公演中止
すでにチケットをお買い上げになられたお客さんは、下記のホームページをご参照ください。
https://www.shochikugeino.co.jp/kadoza_event/81494/
5月1日(金)14時
「文化庁芸術祭大衆芸能部門優秀賞受賞記念公演〜桂 梅團治 独演会」


梅光治「寿限無」・梅團治「天災」・小梅「竹の水仙」・梅團治「切符」
〜中入〜
豊来家板里『太神楽』・梅團治「井戸の茶碗」

DAIHATSU 心斎橋角座

前売り2000円(お客様感謝価格)/当日2500円
※全席指定(Pコード: 597-692)

問い合わせ:06-6606-5632梅團治事務所
06-6258-8085松竹芸能
 
◎昨年10月23日に天満天神繁昌亭で開催した師匠三代目春團治の十八番「祝い熨斗」「皿屋敷」「代書屋」「鋳掛け屋」の四席に挑戦した芸歴40周年の独演会が評価されて
、令和元年度の「文化庁芸術祭大衆演芸部門優秀賞」を受賞した梅團治が、心斎橋角座で独演会を開催。
受賞した独演会とは全く違った東京ネタの「井戸の茶碗」、自作の鉄道落語「切符」、そして憧れの噺家ざこば師の十八番「天災」です。弟子の小梅と梅光治、そして付き合いの
長い太神楽の板里がゲスト出演します。
入場料は日頃からご贔屓下さるお客様へ受賞の感謝を込めてリーズナブル。怖いのはコロナウイルス・・・この頃には終息しているかな?ホンマに難儀です。
 
 

公演は終了しました
▽平成22年4月11日()(受付:11時半〜12時30分)
「京都・梅小路蒸気機関車館で桂梅團治が30周年記念イベントを開催!」

12時50分〜
(「SL梅團治30周年記念号」2往復運転)
※受付先着120名様限定乗車。

14時〜 (30分間)
(記念撮影、ミニ落語会)
 

京都 梅小路蒸気機関車館
JR京都駅から市バスB3乗り場/
「205系統」で梅小路公園前下車・徒歩5分
またはJR京都駅より西へ徒歩20分

大人/1000円(入館料+SL乗車賃+記念品)
小人/300円(中学生以下)

問い合わせ:06−6606−5632梅團治事務所

※扇形車庫内にて、記念撮影会&ミニ落語会「鉄道落語」などを開催予定。
もしかすると・・・楽しみ満載です。
主催:桂梅團治師噺家になって30周年を祝う会
 
◎噺家の中では「撮り鉄」で有名な梅團治ならではのこんな企画。梅團治の「撮り鉄」仲間が30周年を記念して開催してくれるイベントです。あなたもチョッと覘いてみませんか?
 
・・・「鉄道と夢コラボ」30周年祝賀会/新聞記事へ・・・・
 


公演は終了しました
▽平成22年3月7日()14時開演
「第13回 桂梅團治独演会『梅満会』
〜噺家になって30年目を迎える」


「開口一番」佐ん吉
「野崎詣り」梅團治

『特別ゲスト』春團治
〜中入〜
「ねずみ」梅團治
『ゲスト(音曲)』柳家紫文(東京より)
「時うどん」梅團治

会場:ワッハ上方5Fワッハホール

前売3000円/当日3500円 
※1月10日発売開始  

地下鉄なんば5分、ワッハ上方5Fワッハホール

《チケット購入&お問い合わせ》

電話&FAX:06-6606-5632梅團治事務所
06-6649-8640松竹芸能
《チケット販売》
06-6631-0 884ワッハ上方
ファミリーマート・サークルK・サンクス店頭
(Pコード:401−098)
 
梅團治の年一回の独演会「梅満会」の時期が近づいてきました。
この2010年に噺家になって30年目を迎える「梅満会」は、ゲストに傘寿祝いと春團治を襲名して50年を迎えた師匠の三代目春團治を迎えて開催します。色物ゲストには、大阪では珍しい音曲の柳家紫文師に東京からお越し頂きます。必見!の独演会に乞うご期待!