注目の寄席・・・注目の寄席・・・
top
◎◎平成17年9月6日(火)開場18時 開演18時半◎◎
第8回 「桂 梅團治 ふるさと岡山公演」
(岡山県天神山文化プラザ 後援)
 
10月27日()13時半
「名人は誰だ?〜上方落語競演会」


春若・米輔・梅團治・鶴二・阿か枝・小梅

JR明石18分、山陽人丸前5分、明石市相生町1-9-16、中崎公民館

前売り2000円/当日2500円※Lコード:57316

問い合わせ:078-912-1234明石市民会館
(9:00〜20:00平日月曜日休館)
 
◎「名人は誰だ?」は、春若・米輔・梅團治・鶴二・阿か枝という一門も芸歴もバラバラの5人組ユニットの落語会。天満天神繁昌亭で、4・8・12月の年3回開催をしているのですが、今回は明石の中崎公民館へ飛び出して開催します。
とにかく、オーソドックスな「ザ・ラクゴ」という、落語会の中の落語会が明石にやって来ます。
明石の皆さん「名人は誰だ?」に来て、あなたにとっての名人をお探しください。乞うご期待!
 
 
 
 
10月8日(月・祝)14時(◆印は春団治一門スタンプラリー実施)
「第177回 須磨寺落語会〜体育の日、笑って腹筋を鍛えよう」

治門・枝曾丸・鶴二〜中入〜梅團治・のんき

山陽電鉄須磨寺駅北7分、須磨寺青葉殿

1500円(名簿登録)/1800円(初回)

問い合わせ:06-6606-5632事務局
 
◎年5〜6回、日曜日または祝日の午後2時から開催している神戸新聞文化賞まで頂いた老舗の落語会。
梅團治が開催している定例会の中で最も古く、今年6月には35周年を迎えました。東京ディズニーランドと同じ年齢です。福岡大学落研OBで先輩の須磨寺の小池管主が、永年に亘って支えてくれていて、当初は春秋・竹林の同期会としてスタートしました。現在は、梅團治と鶴二がレギュラー出演。毎回、色んな一門からゲストを迎えて、バラエティーに富んだ番組で活気ある落語会です。今回のゲストは、初出演になる明石家のんき師と、和歌山弁落語で独自の落語ワールドを築き上げた枝曾丸師、開口一番は春團治一門の治門君が務めます。乞うご期待!
 
 
 
 
10月1日(月)18時半
「第5回 落語&漫才W親子共演会」


「寄合酒」小梅・「切符」梅團治・『漫才』三吾、美ユル
〜中入〜
『座談会&即席リレー落語』四人全員・「鴻池の犬」梅團治

天満天神繁昌亭 前売り2300円/当日2800円

問い合わせ:06-6606-5632
事務局
 
◎松竹芸能系の劇場で古くから親交のある落語家の梅團治・小梅親子と、漫才の三吾・美ユル親娘の共演をお楽しみ頂きます。出演者四人そろっての座談会では、どんな本音トークが飛び出すやら?、また四人全員でお客さんからお題を頂いて、その場で即席リレー落語に挑戦。果たして、どうなることやら?乞うご期待!
年一回だけの開催で、落語以外の色物さんとの共演会も、この会だけ。そんなオンリーワンの演芸会です。お見逃し無きように・・・。
 
 
 
 
9月23日()18時
「第2回 へへへ 落語」


梅團治・蔵之助・小梅

佐賀県有田町幸平2-2-2、@space Keramiek

前売り2000円(学生1000円)/当日2500円(学生1500円)
※80席限定(前売り60枚限定、当日券20枚)

問い合わせ:080-3998-0477
へへへプロジェクト(モレ・ハネカ)
 
◎焼物の街、有田の街の中心部で開催をしている落語会です。ハウステンボスの仕事で日本に来て、そのまま日本に住んでしまったオランダ人のモレ・ハネカさん宅が会場。窯業大学の先生が世話人として動いてくれているので、若いお客さんも多い活気のある落語会です。前回は大入満員で当日券が無くなってしまったほどです。早めにお買い求め下さい。
 
 
 
 
9月18日(火)19時
「芸写倶楽部フェス〜鉄トーク・さよなら三江線」


梅團治小梅
※スライドを見ながら鉄トーク(落語はありません)

阪神なんば線千鳥橋から3分、モトタバコヤ

前売り800円/当日1000円※限定40名様

問い合わせ:06-6606-5632事務局
 
 

※「芸写倶楽部フェス」は9月13日(木)〜19日(水)の一週間毎日開催。
各公演の開演時間、出演者、また料金、問い合わせ先等が異なりますのでご注意ください。
※写真展は入場無料。その他の公演は有料です。
11時半〜21時半。但し、19日は20時まで。
 
◎上方写真部から芸写倶楽部に名称を変更して、2回目のフェスを開催します。会場は阪神なんば線千鳥橋から歩いて3分のモトタバコヤ。9月13日(木)〜19日(水)の一週間、部員が交代でバラエティに富んだイベントをを行います。小梅は師匠の梅團治と一緒に鉄トークの会を企画。落語は全くやりません。今春に廃線になったばかりの三江線にスポットを当てて、自分達が撮った写真を見ながら熱いトークを繰り広げます。乞うご期待!
 
 
 
 
9月9日()14時
「第7回 須磨区民寄席」


「ろくろ首」壱之輔・「皿屋敷」梅團治・「市川堤」(長講)宗助

神戸市須磨区中島町1丁目2番3号、須磨区民センター

前売り1500円/当日1800円/友の会1200円

問い合わせ:078-735-7641須磨区民センター
 
◎この「須磨区民寄席」は、梅團治が世話人を務めていて、最初から最後まで目が離せない面白い番組創りに頭を悩ませています。今回は3人の出演者が怪談噺を熱演する魅力たっぷりの落語会です。中でも宗助師は、一時間にも及ぶ長講で「市川堤」を熱演。これは、なかなか聴けない一席ですので、お見逃しなきよう。そして、梅團治は師匠三代目春團治直伝の「皿屋敷」、壱之輔師は「ろくろ首」という怪談噺とは云い難い滑稽噺を熱演します。この落語会の存続は、お客さんの入場者数がストレートに反映しますので、皆様のご支援、そして、ご来場を心よりお待ちしております。
 
 
 
公演は終了しました
▽平成22年4月11日()(受付:11時半〜12時30分)
「京都・梅小路蒸気機関車館で桂梅團治が30周年記念イベントを開催!」

12時50分〜
(「SL梅團治30周年記念号」2往復運転)
※受付先着120名様限定乗車。

14時〜 (30分間)
(記念撮影、ミニ落語会)

京都 梅小路蒸気機関車館
JR京都駅から市バスB3乗り場/
「205系統」で梅小路公園前下車・徒歩5分
またはJR京都駅より西へ徒歩20分

大人/1000円(入館料+SL乗車賃+記念品)
小人/300円(中学生以下)

問い合わせ:06−6606−5632梅團治事務所

※扇形車庫内にて、記念撮影会&ミニ落語会「鉄道落語」などを開催予定。
もしかすると・・・楽しみ満載です。
主催:桂梅團治師噺家になって30周年を祝う会
 
◎噺家の中では「撮り鉄」で有名な梅團治ならではのこんな企画。梅團治の「撮り鉄」仲間が30周年を記念して開催してくれるイベントです。あなたもチョッと覘いてみませんか?
 
・・・「鉄道と夢コラボ」30周年祝賀会/新聞記事へ・・・・
 


公演は終了しました
▽平成22年3月7日()14時開演
「第13回 桂梅團治独演会『梅満会』
〜噺家になって30年目を迎える」


「開口一番」佐ん吉
「野崎詣り」梅團治

『特別ゲスト』春團治
〜中入〜
「ねずみ」梅團治
『ゲスト(音曲)』柳家紫文(東京より)
「時うどん」梅團治

会場:ワッハ上方5Fワッハホール

前売3000円/当日3500円 
※1月10日発売開始  

地下鉄なんば5分、ワッハ上方5Fワッハホール

《チケット購入&お問い合わせ》

電話&FAX:06-6606-5632梅團治事務所
06-6649-8640松竹芸能
《チケット販売》
06-6631-0 884ワッハ上方
ファミリーマート・サークルK・サンクス店頭
(Pコード:401−098)
 
梅團治の年一回の独演会「梅満会」の時期が近づいてきました。
この2010年に噺家になって30年目を迎える「梅満会」は、ゲストに傘寿祝いと春團治を襲名して50年を迎えた師匠の三代目春團治を迎えて開催します。色物ゲストには、大阪では珍しい音曲の柳家紫文師に東京からお越し頂きます。必見!の独演会に乞うご期待!