注目の寄席・・・注目の寄席・・・
top
◎◎平成17年9月6日(火)開場18時 開演18時半◎◎
第8回 「桂 梅團治 ふるさと岡山公演」
(岡山県天神山文化プラザ 後援)
 
8月8日(水)18時半
「第9回 上方落語 福岡県人隊〜凱旋公演」


呂好・よね吉・「何ば考えとうとや(桂三枝 作)」恭瓶
〜中入〜
『博多にわか』団四郎&風喬&三四郎・そうば・「ねずみ」梅團治
※落語五席&博多にわか風コント

福岡県、西鉄高宮駅西側、アミカスホール

前売り3000円/当日3500円(Pコード:485-946)

問い合わせ:06-6606-5632umedanji@nifty.com事務局
092-523-8607タカカンパニー
 
◎この「上方落語 福岡県人隊」は、福岡県所縁の噺家8名の落語会。
遠賀郡芦屋町出身の団四郎、福岡大OBの梅團治、福岡市出身で九産大OB恭瓶、九工大OBよね吉、うきは市出身で福大付大濠高OB風喬、第一経済大OB三四郎、福岡市生まれのそうば、それに今回からの新メンバーの柳川高サッカー部だった呂好が加わって8名が出演。今回は梅團治と恭瓶の2人がタップリと噺をするという企画。「博多にわか」風コントもあるバラエティに富んだ楽しい落語会。皆さんのご来場をお待ちしております。
 
 
 
<
8月6日(月)14時
「鹿島亭〜有形文化財鹿島旅館で上方落語」


梅團治・よね吉・風喬・そうば

8月7日(火)14時
「鹿島亭〜有形文化財鹿島旅館で上方落語」


団四郎・恭瓶・三四郎・呂好

福岡県、地下鉄祇園から2分、鹿島本館(092-291-0746

電話予約2500円/当日3000円/二日間通し券4000円

問い合わせ:06-6606-5632umedanji@nifty.com事務局
092-523-8607タカカンパニー
 
◎「上方落語 福岡県人隊」は、遠賀郡芦屋町出身の団四郎、福岡大OBの梅團治、福岡市出身で九産大OB恭瓶、九工大OBよね吉、うきは市出身で福大付大濠高OB風喬、第一経済大OB三四郎、福岡市生まれのそうば、それに今回から新メンバーに加わった柳川高サッカー部だった呂好という8人がメンバー。二日間に亘って、四人ずつが交代で出演します。二日間通し券は大変お得になっています。何卒、ご来場ください。
 
 
 
 
7月28日()10時
「第89回 花菱の会IN繁昌亭朝席〜夏休み特別企画」


「初天神」棗・「つる」春雨・「夏の医者」花團治・「皿屋敷」梅團治

天満天神繁昌亭

前売り1800円(小中学生1000円)
当日2000円(小中学生1200円)
(Pコード:597-700)

問い合わせ&メール予約:06−6606−5632(電話・FAX共用)
umedanji@nifty.com事務局
 
◎春團治一門で芸歴30年を超えた梅團治・花團治・春雨・福車の四人が、天満天神繁昌亭で1月と7月の年2回開催していた落語会が、今回から三人になってしまいました。福車師の分も頑張って続けていきたいと思っています。さて、昨年から夏の朝席は子ども達が夏休み期間に入るので、ご家族そろって楽しめる落語会になっています。子ども達にも親しみ易いユニークな噺ばかりなので、落語を聴くのは初めてという大人の方も、この機会に落語に少し歩み寄ってください。皆様のご来場をお待ちしております。
 
 
 
 
7月22日()14時(◆印は春団治一門スタンプラリー実施)
「第176回 須磨寺落語会〜七代目松喬襲名披露特別公演」

智丸 ・歌之助・梅團治・三風
〜中入〜
鶴二・松喬

山陽電鉄須磨寺駅北7分、須磨寺青葉殿

1500円(名簿登録)/1800円(初回)

問い合わせ:06-6606-5632事務局
 
◎年5〜6回、日曜日または祝日の午後2時から開催している神戸新聞文化賞まで頂いた老舗の落語会。
梅團治が開催している定例会の中で最も古く、6月には35周年を迎えました。東京ディズニーランドと同じ年齢です。福岡大学落研OBで先輩の須磨寺の小池管主が、永年に亘って支えてくれていて、当初は春秋・竹林の同期会としてスタートしました。現在は梅團治と鶴二が世話人をしています。毎回、色んな一門からゲストを迎えて、バラエティーに富んだ番組で活気ある落語会です。
今回は、昨年襲名をしたばかりの七代目松喬師をゲストに迎えての特別公演で、いつもよりも出演者が一人多くなります。独自の新作落語が面白い三風師、師匠の芸名がすっかり板に付いた歌之助師も出演。開口一番は詩の世界でも有名な智丸君が務めます。乞うご期待!
 
 
 
 
7月20日(金)18時45分
「第12回 ポレポレ浮世亭〜第3回 桂 梅團治の会」


「動物園」小梅
「寝床」梅團治
『当日のお楽しみ』蔵之助
「佐々木裁き」梅團治

東京、JR東中野西口=都営地下鉄大江戸線東中野A1出口から1分、ポレポレ坐

予約3000円/当日3500円(自由席)
※ワンドリンク付

問い合わせ&予約:03-3227-1405ポレポレ坐

(電話予約)/ 06-6606-5632(電話&Fax)
umedanji@nifty.com(メール予約可)梅團治事務所
 
◎東京では20年以上に亘って、毎年3月初旬に「桂文我・桂梅團治二人会」を国立演芸場で開催していますが、一昨年から東中野駅前にあるポレポレ坐のご協力を得て、毎夏に独演会も開催する運びとなりました。
3回目になる今回は、道頓堀中座で行われた梅團治襲名披露の会の時に上演した「佐々木裁き」と、まさにコメディという「寝床」を上演。また、今回のゲストは永年に亘って九州各地で梅團治と二人会を開催をしている橘家蔵之助師、昨年は病に倒れて出演できませんでしたが今年は大丈夫。小梅もグングンと力をつけてきています。これからの成長を見守ってやってください。どうぞ、皆さんのご来場をお待ちしております。
 
 
 
 
7月16日(月・祝)18時
「第6回 梅團治憧れの東西二人会〜隅田川 馬石の段」


「開口一番」小梅・「天災」梅團治・「湯屋番」馬石
〜中入〜
亜空亜SHIN(変面)・「粗忽の使者」馬石・「はてなの茶碗」梅團治

天満天神繁昌亭

前売り3000円/当日3500円
※全席指定(Pコード:597-700)

問い合わせ:06−6606−5632
umedanji@nifty.com事務局
 
◎毎夏、恒例となっている東京の噺家さんとの二人会。今年は梅團治61歳の誕生日前日に開催します。今回は株価急上昇の若手真打、隅田川馬石師がゲスト。馬石師がまだ佐助の時分に東西交流会で何度かご一緒したことがありますが、今回はそれ以来、久し振りに一緒の高座となります。そして、日本ではこの人だけかも知れない?亜空亜SHINさんの変面、そして弟子の小梅も元気に開口一番を務めます。
落語ファンにとっては、必見の落語会となるはず。今すぐお電話を・・・テレフォンショッピングかっちゅうねん。
※一般前売り発売は2ヶ月前からですが、指定席の為、梅團治事務所では先行予約を3ヶ月から始めます。
 
 
 
 
7月11日(水)18時半
「第1回 丁酉(ひのととり)の会〜枝鶴・米二・梅團治 三人会」

小梅
・「青菜」梅團治・「軒付け」米二
〜中入〜
『鼎談』三人会メンバー・「千両みかん」枝鶴

天満天神繁昌亭

前売り2500円/当日3000円
※整理番号付自由席(Pコード:597-700)

問い合わせ:06−6606−5632
umedanji@nifty.com事務局
 
◎昨年に還暦を迎えた酉年の三人が新たに始める落語会の一回目。噺家としてのキャリアでは梅團治が一番後輩という事になります。「丙午」は知ってましたが、「丁酉」は今回初めて知りました。やっぱり、米二師は物知りですなぁ。とても同じ年齢とは思えません。私が知っていたのは「バタバタ貧乏」と云って、酉年は忙しくするけど、お金が儲からないとか、どうとか・・・これぐらい。うーん、私は正にその通り。頑張りま〜す。
 
 
 
 
7月6日(金)15時
「第27回 おしゃべりカフェ落語会〜桂 梅團治・桂 小梅 師弟会」


梅團治(二席)・小梅(二席)

札幌市南1西8、三吉神社社務所

予約・当日1000円※100名限定(6/29予約締切)

問い合わせ:TEL:011-251-6353
FAX:011-271-2738中央まちづくりセンター
 
◎「トワイライトEXP」の撮影がキッカケで始まった落語会で、今年が4回目になります。
大阪から遥か彼方にある北海道の札幌という縁も所縁も無い土地で、私達師弟の為に懸命に動いて落語会を開催してくれる人達がいてくれるのはホンマにありがたいこと。昨年から大きな会場へ移して開催してますので、このホームページをご覧になったお近くの方は是非ご来場ください。梅團治と小梅の上方落語を二席ずつたっぷりとお聴き頂けます。
 
 
 
 
6月30日()14時
「じゅれっぷ寄席〜小3トリオの会・今回は小留の発表会」


小鯛・小梅・小留「フリートーク&首提灯」

京阪枚方公園駅1分、ショットバーJULEP

電話・メール予約&チラシ付き割引券持参1400円/当日1500円

問い合わせ:06−6606−5632

umedanji@nifty.com事務局
 
◎芸名に『小』の字が入った小鯛・小梅・小留という若手3人の落語会で、名付けて「小3トリオの会」・・・山口百恵・桜田淳子・森昌子にあやかって、3人が落語界のスーパースターになれるようにと、梅團治が落語会のタイトルを付けたらしい?虚しい結果にならないように毎回、3人が全力で高座に挑んでいます。3人が一層成長していく姿を皆さんも客席で見守ってください。「よし、応援してやるぞ!」というお客さんのご来場をお待ちしています。
 
 
 
 
6月29日(金)18時半
「第32回 上方落語 福岡県人隊」


団四郎・梅團治・恭瓶・よね吉・風喬・三四郎・そうば・呂好
※博多にわか風コントあり

天満天神繁昌亭

前売り2500円/当日3000円
(チケットぴあ:Pコード597-700)

問い合わせ:06-6606-5632梅團治事務所
 
◎天満天神繁昌亭で年4回定期開催している落語会。
福岡県所縁の従来のメンバー7名〈団四郎(芦屋町出身)、梅團治(福岡大卒)、恭瓶(福岡市出身)、よね吉(九工大卒)、風喬(うきは市出身)、三四郎(旧第一経済大卒)、そうば(福岡市出身)〉に新メンバーの呂好君が加わって、総勢8名が出演。
毎回「博多にわか」のお面を付けて、時事ネタを披露したりして、他の落語会には無い福岡色の濃い企画も楽しめます。福岡県に縁も所縁もない方も、大阪の天満天神繁昌亭で福岡へ笑(小)旅行はいかが?
 
 
 
 
6月23日()14時
「第14回 河内ふれあい寄席」


文我・梅團治・眞

栃木県宇都宮市上田原町、田原コミュニティープラザ

会費1000円

問い合わせ:028-661-1011王子マテリア(株)佐藤
 
◎「上新庄えきまえ寄席」を長年支えてくれている王子マテリア(株)さんが、宇都宮で年一回続けてくれている落語会で今年で14回目。梅團治は第5回に出て以来、2回目の出演になります。栃木県には真岡鐡道や東武鉄道のようにSLが走っている鉄路が・・・梅團治にとっては最高の仕事場になりそう?楽しみのある方が自然と高座にも力が入る・・・ホンマかな?それは高座を観てのお楽しみ。関東の皆さん、滅多にない梅團治の高座を観られるチャンスです。ご来場ください。
 
 
 
 
6月20日(水)18時半
「第22回 めざせ!四天王の会」


鶴太・「明石飛脚」米平・「瘤弁慶」枝光
〜中入〜
「米揚げ笊」梅團治・「子は鎹」鶴二

天満天神繁昌亭

前売り2500円/当日2800円

(チケットぴあ:Pコード597-700)
問い合わせ:06-6606-5632梅團治事務所
 
◎天満天神繁昌亭で年2回、1月と6月に開催している落語会です。
松鶴・米朝・文枝・春團治の四人、いわゆる「上方落語四天王」の直弟子、枝光・梅團治・米平・鶴二の四名が、毎回出演順を変えて、四天王が高座に掛けていた前座噺から大ネタまで様々な噺に挑戦します。
それぞれの一門の特色が高座で再発見できるかも?その日からあなたは落語ツウ?ご来場をお待ちしております。
 
 
 
 
公演は終了しました
▽平成22年4月11日()(受付:11時半〜12時30分)
「京都・梅小路蒸気機関車館で桂梅團治が30周年記念イベントを開催!」

12時50分〜
(「SL梅團治30周年記念号」2往復運転)
※受付先着120名様限定乗車。

14時〜 (30分間)
(記念撮影、ミニ落語会)

京都 梅小路蒸気機関車館
JR京都駅から市バスB3乗り場/
「205系統」で梅小路公園前下車・徒歩5分
またはJR京都駅より西へ徒歩20分

大人/1000円(入館料+SL乗車賃+記念品)
小人/300円(中学生以下)

問い合わせ:06−6606−5632梅團治事務所

※扇形車庫内にて、記念撮影会&ミニ落語会「鉄道落語」などを開催予定。
もしかすると・・・楽しみ満載です。
主催:桂梅團治師噺家になって30周年を祝う会
 
◎噺家の中では「撮り鉄」で有名な梅團治ならではのこんな企画。梅團治の「撮り鉄」仲間が30周年を記念して開催してくれるイベントです。あなたもチョッと覘いてみませんか?
 
・・・「鉄道と夢コラボ」30周年祝賀会/新聞記事へ・・・・
 


公演は終了しました
▽平成22年3月7日()14時開演
「第13回 桂梅團治独演会『梅満会』
〜噺家になって30年目を迎える」


「開口一番」佐ん吉
「野崎詣り」梅團治

『特別ゲスト』春團治
〜中入〜
「ねずみ」梅團治
『ゲスト(音曲)』柳家紫文(東京より)
「時うどん」梅團治

会場:ワッハ上方5Fワッハホール

前売3000円/当日3500円 
※1月10日発売開始  

地下鉄なんば5分、ワッハ上方5Fワッハホール

《チケット購入&お問い合わせ》

電話&FAX:06-6606-5632梅團治事務所
06-6649-8640松竹芸能
《チケット販売》
06-6631-0 884ワッハ上方
ファミリーマート・サークルK・サンクス店頭
(Pコード:401−098)
 
梅團治の年一回の独演会「梅満会」の時期が近づいてきました。
この2010年に噺家になって30年目を迎える「梅満会」は、ゲストに傘寿祝いと春團治を襲名して50年を迎えた師匠の三代目春團治を迎えて開催します。色物ゲストには、大阪では珍しい音曲の柳家紫文師に東京からお越し頂きます。必見!の独演会に乞うご期待!