注目の寄席・・・注目の寄席・・・
top
◎◎平成17年9月6日(火)開場18時 開演18時半◎◎
第8回 「桂 梅團治 ふるさと岡山公演」
(岡山県天神山文化プラザ 後援)
 
7月28日(木)18時45分開演
「ポレポレ浮世亭〜第6回 桂 梅團治 東京独演会」

梅團治「ねずみ」「昭和任侠伝」・べ瓶・小梅「狸賽」 ※お囃子はCD

JR総武線東中野駅西口から1分、地下鉄大江戸線東中野駅A1出口から1分、space&cafeポレポレ坐

予約3000円/当日3500円(1ドリンク付)

マスク着用、手指の消毒・検温にご協力ください

問い合わせ&予約:06-6606-5632梅團治事務所
 
◎現在、東京で開催をしている三つの定例会の内の一つ。2月か3月に国立演芸場で文我師と二人会、12月は日本橋社会教育会館で東西鉄道落語家大集合、そして、このポレポレ坐での独演会です。定員70人ほどの小劇場なので、間近で落語を楽しめるのが最高。今回は朝ドラ「カムカムエヴリバディ」で、お馴染みになった岡山弁が出てくる梅團治オリジナルの「ねずみ」と先代春蝶師作の爆笑「昭和任侠伝」。
昨年、花形演芸大賞金賞を受賞した、べ瓶師が友情出演。30歳の誕生日を5月に迎えた小梅が開口一番を務めます。
皆さんのご来場をお待ちしています。
 
 

 
7月24日()10時15分開演
「第97回 花菱の会in繁昌亭朝席」


小梅・「時うどん」梅團治・「次の御用日」福楽
〜中入〜
「ちりとてちん」春雨・「猫の忠信」花團治

前売り2500円/当日3000円

問い合わせ:06-6606-5632事務局
 
◎「花菱の会」は、年2回(1月・7月)開催をしているキャリアが近い一門の四人(福楽・梅團治・花團治・春雨)の落語会。 「開口一番」は一門の若手が中心に出演して、今回は小梅が務めます。 この一門会は、法善寺にある「味乃笠」という串カツ店の2階(15人満席)で、春秋・蝶六・春雨・福車という四人の勉強会としてスタートしました。
その後、ワッハ上方レッスンルーム、ワッハ上方亭を経て、今は天満天神繁昌亭で開催を続けています。 福車師亡き後、福楽師が新しく加わりました。今回は花團治師が「猫の忠信」でトリを務めます。 そして、梅團治は自身が大好きな噺、「時うどん」を熱演します。乞うご期待。
 
 

 
7月22日(金)18時半開演
「第5回 丁酉(ひのととり)の会〜枝鶴・米二・梅團治の三人会」

呂翔・「初天神」枝鶴・「八五郎坊主」梅團治
〜中入〜
『鼎談』枝鶴、米二、梅團治・「猫の忠信」米二

天満天神繁昌亭

前売り3000円/当日3500円※全席指定
オンライン視聴料2000円(チラシ参照)

検温、マスク着用にご協力ください。

問い合わせ:06-6606-5632事務局
 
※「丁酉の会」は、昭和32年生まれの噺家3人の落語会・・・といっても他の二人は、昭和55年入門の梅團治よりも先輩。枝鶴師は50年、米二師は51年の入門です。出演順は毎年ローテーションで変わって、今年は米二師がトリ。
コロナ禍で東京からゲストを招いて開催していた「東西憧れの二人会」の開催が困難になった後、夏の落語会の目玉として開催しています。それに三人の『鼎談』も楽しみの一つで、聞き逃せない昔話が聴けるかも?是非ともお越しいただきたい公演です。梅團治事務所では、皆さんからのご予約・ご連絡をお待ちしています。
 
 

 
6月29日(水)18時半開演
「第29回 めざせ!四天王の会」

小梅・「江戸荒物」梅團治・「宿屋仇」鶴二
〜中入〜
「阿弥陀池」米平・「景清」枝光

天満天神繁昌亭

前売り2500円/当日2800円
(チケットぴあ:Pコード597-700)

問い合わせ:06-6606-5632梅團治事務所
 
◎上方落語四天王と云われた松鶴・米朝・文枝・春團治という偉大な師匠連の各々の 弟子四人、鶴二・米平・枝光・梅團治
の落語会。毎年、一月と六月の年二回開催をしています。
今回、梅團治の出しものは久々に前座噺の「江戸荒物」。若い頃と演じ方もかなり変わったはず。 一体、どんな噺になるのやら?乞うご期待!それに開口一番で、小梅も出演しますよ。
コロナウイルスも約二年間も変異を繰り返して我々に迫って来ましたが、感染者数の多かったオミクロン株で遂に収束かな?
皆さんのご来場をお待ちしています。
 
 

 
6月25日()15時開演
「第446回 上新庄えきまえ寄席 〜
梅雨は梅團治の第2の季節・一夜だけの復活!南北春秋時代」


梅團治「抜け雀」ほか一席・南北(二席)・福留※お囃子はCD

阪急上新庄駅南出口から3分、春日神社集会所2F(新庄小学校裏)

前売り2000円/当日2500円

マスク着用、手指の消毒・検温にご協力ください

問い合わせ:06-6606-5632梅團治事務所
 
◎9人の噺家が月当番制で上新庄駅前にある春日神社でやっている「上新庄えきまえ寄席」。
梅團治は『梅』の字が入っている梅雨の6月が当番です。
まだまだコロナ禍でお客さんにお越し頂くのが大変ですが、今年は懐かしい二人会を開催するので楽しみにしてください。
梅團治を襲名する前の春秋(はるあき)時代に講談の南北先生と千日前のトリイホールで定例の二人会を開催していました。名付けて「南北春秋時代」です。二人とも中国生まれ・・・と言っても、広島県と岡山県ですけど。皆さんのお越しを心よりお待ちしています。
 
 

 
6月10日(金)18時半開演
「第43回 上方落語福岡県人隊」

「天狗さし」そうば・「昭和任侠伝」梅團治・「遊山船」 よね吉
〜中入〜
『博多にわか』恭瓶&呂好・「酒の粕」風喬・「コンビニ強盗」団四 郎 ※三四郎休演

天満天神繁昌亭

前売り2500円/当日3000円(Pコード:597-700)

問い合わせ:06-6606-5632福岡県人隊事務局
 
◎「上方落語福岡県人隊」は、福岡県に縁のある噺家8人のユニットで、露の 団四 郎(芦屋町出身)・桂 梅團治(福岡大卒)・笑福亭 恭瓶(福岡市出身)・桂 よね 吉(九工大卒)・笑福亭 風喬(うきは市出身)・桂 三四郎(第一経済大卒)・桂 そうば(福岡市出身)・笑福亭 呂好(柳川高卒)が、そのメンバー。鶴太は廃業の 為、退会。 天満天神繁昌亭で年三回(基本2・6・10月)の公演の他、8月は福岡県内で数日 間に及ぶ公演も開催しています。
メンバーの落語はもちろん、最新のニュースを題材にした『博多にわか』を楽しめるのも、この落語会ならでは。
 
 

 
5月23日(月)19時開演
「松楠居寄席」


梅團治・卯三郎・小梅

電話&メール予約2500円/当日3000円※最大35名様
終演後、1F「やぶ金」にて懇親会を予定(別途:3000円程度、20名様程度)

福岡市中央区大名2-1-16松楠居2F(TEL092-738-7155)

注意:入場者数、懇親会参加人数はコロナ感染拡大状況によって変更あり

問い合わせ:06-6606-5632
umedanji@nifty.com梅團治事務所
 
◎福岡にお住まいの方に落語会情報です。
5月と10月の年2回、福岡市街地中心の大名で開催をしている「松楠居寄席」の5月開催が決定。
東京の橘家蔵之助師と二人会として開催を続けていましたが、蔵之助師が体調不良の為、復帰までの間、上方落語会として開催を続けています。今回のゲストは、林家卯三郎師。
梅團治・卯三郎・小梅の噺を一席ずつたっぷりと聴いていただきます。 和の会場で噺を満喫した後、出演者と一緒に美味しい蕎麦で舌鼓。どうぞ、他の落語会では決して味わえない落ち着いた雰囲気をお楽しみください。
 
 

 
5月20日(金)18時半/22日()11時半《二日間公演》
「第13回 ありーな寄席」


梅團治・卯三郎・小梅

福岡県宗像市吉留46-1、グローバルアリーナ中会議室クラブハウス2F

前売り2500円/当日3000円/20&22両日通し券4000円

※当日はレストラン・ショップで各種特典あり

問い合わせ:0940-33-8400グローバルアリーナ
 
◎不定期で「GA落語DAY」として落語会を開催してくれているのが福岡県宗像市にあるグローバルアリーナ。ここはラグビーを中心とした緑豊かな大きなスポーツ施設で、「上方落語福岡県人隊」公演でもお世話になっています。今回は変則ですが、金曜日と日曜日に開催されて、林家卯三郎師がゲストで初出演します。落語会のチケットで、当日は食事に特典が付くので、大変お得。
落語を聴いて、食事をして、楽しい一日を満喫してください。
 
 

公演は終了しました
▽平成22年4月11日()(受付:11時半〜12時30分)
「京都・梅小路蒸気機関車館で桂梅團治が30周年記念イベントを開催!」

12時50分〜
(「SL梅團治30周年記念号」2往復運転)
※受付先着120名様限定乗車。

14時〜 (30分間)
(記念撮影、ミニ落語会)
 

京都 梅小路蒸気機関車館
JR京都駅から市バスB3乗り場/
「205系統」で梅小路公園前下車・徒歩5分
またはJR京都駅より西へ徒歩20分

大人/1000円(入館料+SL乗車賃+記念品)
小人/300円(中学生以下)

問い合わせ:06−6606−5632梅團治事務所

※扇形車庫内にて、記念撮影会&ミニ落語会「鉄道落語」などを開催予定。
もしかすると・・・楽しみ満載です。
主催:桂梅團治師噺家になって30周年を祝う会
 
◎噺家の中では「撮り鉄」で有名な梅團治ならではのこんな企画。梅團治の「撮り鉄」仲間が30周年を記念して開催してくれるイベントです。あなたもチョッと覘いてみませんか?
 
・・・「鉄道と夢コラボ」30周年祝賀会/新聞記事へ・・・・
 


公演は終了しました
▽平成22年3月7日()14時開演
「第13回 桂梅團治独演会『梅満会』
〜噺家になって30年目を迎える」


「開口一番」佐ん吉
「野崎詣り」梅團治

『特別ゲスト』春團治
〜中入〜
「ねずみ」梅團治
『ゲスト(音曲)』柳家紫文(東京より)
「時うどん」梅團治

会場:ワッハ上方5Fワッハホール

前売3000円/当日3500円 
※1月10日発売開始  

地下鉄なんば5分、ワッハ上方5Fワッハホール

《チケット購入&お問い合わせ》

電話&FAX:06-6606-5632梅團治事務所
06-6649-8640松竹芸能
《チケット販売》
06-6631-0 884ワッハ上方
ファミリーマート・サークルK・サンクス店頭
(Pコード:401−098)
 
梅團治の年一回の独演会「梅満会」の時期が近づいてきました。
この2010年に噺家になって30年目を迎える「梅満会」は、ゲストに傘寿祝いと春團治を襲名して50年を迎えた師匠の三代目春團治を迎えて開催します。色物ゲストには、大阪では珍しい音曲の柳家紫文師に東京からお越し頂きます。必見!の独演会に乞うご期待!