注目の寄席・・・注目の寄席・・・
top
◎◎平成17年9月6日(火)開場18時 開演18時半◎◎
第8回 「桂 梅團治 ふるさと岡山公演」
(岡山県天神山文化プラザ 後援)
 
平成31年2月3日()13時半
「第11回 福は内 新倉敷に上方落語がやって来る!
岡山縁者が演者でええんじゃの巻」


梅團治・阿か枝・小鯛・愛染・小梅

岡山県倉敷市、玉島市民文化センター

前売り2000円/当日2500円(Pコード:490-812)

問い合わせ&チケットご予約:06-6606-5632
umedanji@nifty.com梅團治事務所
 
◎梅團治の故郷、岡山県倉敷市で新春寄席として開催していた落語会が、会場の都合でここ数年2月に開催されるようになりました。名付けて「福は内新倉敷に上方落語がやって来る! 岡山縁者が演者でええんじゃの巻」。岡山県に縁や所縁のある噺家が出演する落語会で、今回が11回目。倉敷生まれの梅團治・小鯛、岡山大学卒の阿か枝・愛染、父親(梅團治)が岡山県人の 小梅が出演者。小鯛・小梅の二人は昨年11月16日のニュースで、被災した真備町内の小学校で落語をしている姿が映し出されて話題になりました。
最後は落語グッズの当たる抽選会もありますので、どうぞご来場くださいませ。
 
 

 
平成31年1月27日()13時半
「第50回記念 ほろ酔い寄席〜同期競演」


治門・梅團治(1980年入門)・南光(1970年入門)
〜中入〜
団六(1980年入門)・春若(1970年入門)

住吉区民センター(住吉区役所隣接)

会員1500円/一般は電話予約&当日とも2000円
※予約で満席の場合、当日券なし

問い合わせ&予約:06-6606-5632
umedanji@nifty.com梅團治事務所
 
◎三代目春団治の住まいがある住吉区を中心とした皆さんが、裏方さんになって開催してくれているのが、この「ほろ酔い寄席」です。師匠が亡くなられた後も「三代目桂春団治
を囲む会」を「三代目春団治倶楽部」と変えて、活動を継続してくれています。私も師匠から受け継いで、この活動に住吉区民として加わっています。
今回は、50回という節目の落語会。ゲストに一門の春若師と同期で人気者の南光師をお迎えして開催します。そして、梅團治と団六師も同期。50回記念はW同期会として開催
。前座は治門君が務めます。引き続き、三代目春団治一門へのご支援と、皆様のご来場をお待ちしております。
 
 

 
平成31年1月20日()14時
「第8回 須磨区民寄席」


新幸・竹丸・梅團治・松枝

神戸市須磨区中島町1丁目2番3号、須磨区民センター

前売り1500円/当日1800円/友の会1200円

問い合わせ:078-735-7641須磨区民センター
 
◎この「須磨区民寄席」は、梅團治が世話人を務めていて、毎回、最初から最後まで目が離せない面白い番組創りに頭を悩ませています。今回は出演者4人は新年の始めにピッタ
リの芸名で、笑福亭・桂・林家・露の、と亭号も様々。
この落語会の存続は、お客さんの入場者数がストレートに反映しますので、皆様のご支援、そして、ご来場を心よりお待ちしております。
 
 

 
平成31年1月14日(月・祝)17時半
「第90回 花菱の会IN繁昌亭夜席」

紋四郎・梅團治・福楽〜中入〜春雨・花團治

天満天神繁昌亭

前売り2500円/当日3000円(Pコード:597-700)

問い合わせ&メール予約:06−6606−5632(電話・FAX共用)
umedanji@nifty.com事務局
 
◎春團治一門で芸歴30年を裕に超えた四人が、天満天神繁昌亭で1月と7月の年2回開催している落語会。平成最後の「花菱の会」は、新メンバーの福楽師を迎えて開催します
。福楽師はこのメンバーの中では一番の古株になります。落語を聴くのは初めてという皆さんも、新春気分で落語に少し歩み寄ってください。皆様のご来場をお待ちしております
 
 

 
平成31年1月9日(水)18時半
「三代目桂春團治一門会」


福團治・春之輔・春若・小春團治・梅團治・春雨・春蝶

天満天神繁昌亭

前売り3000円/当日3500円(Pコード:597-700)

問い合わせ:06-6606-5632梅團治事務所
06-6352-4874天満天神繁昌亭(11:00〜19:30)
 
◎上方落語四天王の一人、師匠三代目桂春團治の命日が1月9日。
その命日に直弟子七人が毎年、天満天神繁昌亭に集まって、師匠を偲んで落語会を開催しています。三代目桂春團治の直弟子全員が落語会で揃うのは、この落語会だけになってし
まったかも?筆頭弟子の福團治は間もなく芸歴60年で80歳、末弟の春蝶が間もなく芸歴25年で45歳。そんなキャリア充分な弟子達が、ご来場頂いたお客さんに少しでも三
代目の高座を思い出して頂けるように奮闘します。乞うご期待!
因みに梅團治は、間もなく芸歴40年で60歳を過ぎたばかり。
 
 

 
12月30日()13時半
「大放出!らくごバーゲンセール〜五席で1000円ポッキリ」


梅團治「禁酒関所」「鼓ヶ滝」「お玉牛」・小梅「竹の水仙」「お玉牛」
※お囃子はCD

なんば千日前、上方ビル3F、千日亭

1000円(65名様限定/只今、予約受付中)
※予約で満席の場合、当日券なし

尚、終演後に忘年会を企画。梅團治・小梅と忘年会をしたいという方は12/27までに必ずお申し込みください。(会費は3500円ほどを予定)

問い合わせ:06-6606-5632
umedanji@nifty.com事務局
 
◎ゲストも生のお囃子もありませんが、とにかく安いんです。落語五席でこの値段。
梅團治と小梅の落語を嫌っちゅうほど聴いて新年を迎えてください。多分、体調を崩すことはないと思うので・・・笑う門には福来る。ご来場を待ってます。
また終演後には、梅團治、小梅を囲んでお客さんと一緒に和気藹々の忘年会(参加数25人)もあります。別料金の会費制になっていますけど、是非ご参加ください。
 
 

 
12月14日(金)18時半
「上新庄えきまえ寄席〜年末だよ!全員集合」


メンバー全員※抽選会あり

阪急上新庄すぐ、春日神社集会所2F

前売り・電話予約1500円/当日1800円

問い合わせ&電話予約:06-6606-5632梅團治事務所
 
◎文我・梅團治・米平・三歩・三象・文都・宗助・まん我・雀五郎・三幸という10名のレギュラーメンバーが、月当番で毎月開催をしているのが「上新庄えきまえ寄席」。
12月は、まん我(治療の為)以外のメンバー9人が集合して開催。 全員のオープニングトークで始まって、アミダクジで出演者が決まります。落語の出番がない人は抽選会の司会をしたり、鳴物担当になったりするという年末らしい企画でお楽 み頂いてます。 乞うご期待!80名で満席
という小さな会場ですので、どうぞお早目にご予約下さい。
 
 

 
12月16日()18時
「『鉄』の世界」


生寿・「餅屋問答」梅團治・「昆陽の御池」しん吉
〜中入〜
「鉄道落語」しん吉・「鉄道落語」梅團治
※終演後、スライドショー&卓上カレンダーの当たる抽選会あり
(アシスタント:小梅

天満天神繁昌亭

前売り2500円/当日3000円※全席指定

問い合わせ:06-6606-5632事務局
 
◎師走の風物詩で落語ファン・鉄道ファン待望の「『鉄』の世界」が今年も開催されます。
落語と鉄道がコラボした楽しいイベントです。落語ファンだけではなく、鉄道ファンの中も年に一度、この落語会だけは見逃せないというお客さんが多数。各方面から注目されて
いる「『鉄』の世界」・・・今年は、どんな鉄道落語が出来上がるのやら?そして、小梅も加わった鉄道ニュースのスライドショーと、梅團治が撮影した鉄道写真の卓上カレンダ
ーが当たる抽選会が大好評。
「『鉄』の世界」に行かないと、新年を迎えられなくなった方?ご来場をお待ちしております。良い席でご覧になりたい方は、チケットをお早目にお買いお求め、またはお申込み
ください!絶賛、発売中です。
 
 

 
12月13日(木)18時半
「鉄道落語傑作選」


「鉄道勇助」小梅・「『さくら』と『みずほ』」しん吉・「親分の謝罪」遊方
〜中入〜
「寝台特急日本海」文鹿・「切符」梅團治

天満天神繁昌亭

前売り2500円/当日3000円

問い合わせ:06-6606-5632(Faxとも)
umedanji@nifty.com事務局
 
◎今回だけかも知れない初めての企画です。
「『鉄』の世界」でお馴染みの梅團治、しん吉が今までに創った鉄道落語の中から自信作を・・・また新作落語を数多く手掛けている遊方、文鹿の各自が創った鉄道を題材にした
落語を披露します。名付けて「鉄道落語傑作選」。鉄道好きでない人も楽しめる「『鉄』の世界」とは一味も二味も違った落語会になりそう?年末は鉄道落語の嵐がやって来ます
。乞うご期待!
 
 

 
12月12日(水)18時半
「第6回 名人は誰だ?〜今夜も綿をちぎって投げるような雪がちらちら・・・」

文五郎・「元犬」春若・「風邪うどん」阿か枝・「けんげしゃ茶屋」米輔
〜中入〜
「軽業講釈」鶴二・「不動坊」梅團治

天満天神繁昌亭

前売り2500円/当日3000円

問い合わせ:06-6606-5632(Faxとも)
umedanji@nifty.com事務局
 
◎春若・米輔・梅團治・鶴二・阿か枝という一門も芸歴も様々な5人組のユニットで始まった落語会が、今回から新しく生まれ変わります。とにかく、オーソドックスな「ザ・ラ
クゴ」という、落語会の中の落語会は不変ですが、毎回、メンバーの一人にスポットを当てて開催。新生「名人は誰だ?」であなたにとっての名人をお探しください。今回は梅團
治が「不動坊」でトリを務めます。乞うご期待!
 
 

 
12月8日()18時
「名人は誰だ?〜神戸新開地喜楽館編」


春若・米輔・梅團治・鶴二・阿か枝・白鹿

神戸新開地、喜楽館(TEL078-335-7088

前売り2500円/当日3000円(Pコード:597-410)

問い合わせ:06-6606-5632(Faxとも)
umedanji@nifty.com事務局
 
◎春若・米輔・梅團治・鶴二・阿か枝という一門も芸歴も様々な5人組ユニットの落語会。天満天神繁昌亭で年3で開催しています。とにかく、オーソドックスな「ザ・ラクゴ」
という、落語会の中の落語会です。今回は、今年7月にオープンした神戸新開地にある喜楽館で出前寄席、初開催に挑みます。乞うご期待!
 
 

 
12月4日(火)19時
「2018東西鉄道落語家大集合」


小ゑん・梅團治・しん吉・駒次

東京、中央区日本橋社会教育会館

前売り3000円/当日3500円(Pコード:489-769)

問い合わせ:06-6606-5632事務局
umedanji@nifty.com

03-5808-1581米朝事務所(10〜18時)
 
◎鉄道落語家としてお馴染みの東西四人の落語家が、昨年に引き続き今年も年末に東京で鉄道落語の会を開催します。名付けて「2018東西鉄道落語家大集合」。
四人がジャンルの違った熱い鉄ちゃんで、その熱い思いを各々が自作の鉄道落語に込めて熱く高座で語ります。鉄道好きに限らず、落語好きも楽しめる落語会。大いに笑って新し
い年を迎えよう!
 
 

 
 
公演は終了しました
▽平成22年4月11日()(受付:11時半〜12時30分)
「京都・梅小路蒸気機関車館で桂梅團治が30周年記念イベントを開催!」

12時50分〜
(「SL梅團治30周年記念号」2往復運転)
※受付先着120名様限定乗車。

14時〜 (30分間)
(記念撮影、ミニ落語会)
 

京都 梅小路蒸気機関車館
JR京都駅から市バスB3乗り場/
「205系統」で梅小路公園前下車・徒歩5分
またはJR京都駅より西へ徒歩20分

大人/1000円(入館料+SL乗車賃+記念品)
小人/300円(中学生以下)

問い合わせ:06−6606−5632梅團治事務所

※扇形車庫内にて、記念撮影会&ミニ落語会「鉄道落語」などを開催予定。
もしかすると・・・楽しみ満載です。
主催:桂梅團治師噺家になって30周年を祝う会
 
◎噺家の中では「撮り鉄」で有名な梅團治ならではのこんな企画。梅團治の「撮り鉄」仲間が30周年を記念して開催してくれるイベントです。あなたもチョッと覘いてみませんか?
 
・・・「鉄道と夢コラボ」30周年祝賀会/新聞記事へ・・・・
 


公演は終了しました
▽平成22年3月7日()14時開演
「第13回 桂梅團治独演会『梅満会』
〜噺家になって30年目を迎える」


「開口一番」佐ん吉
「野崎詣り」梅團治

『特別ゲスト』春團治
〜中入〜
「ねずみ」梅團治
『ゲスト(音曲)』柳家紫文(東京より)
「時うどん」梅團治

会場:ワッハ上方5Fワッハホール

前売3000円/当日3500円 
※1月10日発売開始  

地下鉄なんば5分、ワッハ上方5Fワッハホール

《チケット購入&お問い合わせ》

電話&FAX:06-6606-5632梅團治事務所
06-6649-8640松竹芸能
《チケット販売》
06-6631-0 884ワッハ上方
ファミリーマート・サークルK・サンクス店頭
(Pコード:401−098)
 
梅團治の年一回の独演会「梅満会」の時期が近づいてきました。
この2010年に噺家になって30年目を迎える「梅満会」は、ゲストに傘寿祝いと春團治を襲名して50年を迎えた師匠の三代目春團治を迎えて開催します。色物ゲストには、大阪では珍しい音曲の柳家紫文師に東京からお越し頂きます。必見!の独演会に乞うご期待!