注目の寄席・・・注目の寄席・・・
top
◎◎平成17年9月6日(火)開場18時 開演18時半◎◎
第8回 「桂 梅團治 ふるさと岡山公演」
(岡山県天神山文化プラザ 後援)
 
◆天満天神繁昌亭では、存続の為に噺家が色んなアイデアを考えています。こんな面白い方法で、ご支援をして頂ける方々を募集していますので、宜しくお願いします。
 

 
◆新型コロナウイルス感染拡大を防止する為、閉館をしていた天満天神繁昌亭が、7月1日から入場者数を制限してスタートしました。
入場者数が制限されている為、この先は運営の困難が予想されます。
そこで、天満天神繁昌亭の高座をライブ配信をする事が決まりました。
あなたも登録して天満天神繁昌亭の高座をお楽しみください。
※詳細はチラシを参照
 
 
11月28日()14時
「桂春團治一門落語会」


春團治・梅團治・春雨・咲之輔・〈ゲスト〉枝曾丸・春野恵子(浪曲)

和歌山城ホール小ホール

前売り&電話予約2000円/当日2500円(Lコード:55324)
要マスク着用(感染予防対策にご協力ください)

問い合わせ&電話予約:073-432-1212和歌山市民会館・和歌山城ホール
 
◎和歌山城ホール開館記念イベントの一つとして開催されます。和歌山県は梅團治の両親の故郷で、子どもの頃、盆と正月は必ず和歌山県内で過ごしました。
和歌山城も母方の祖父に何度か連れて行ってもらってます。父親の実家は海南市黒江で漆器を作っていて、叔父さんが家業を継いでました。祖母も父親も叔父さん叔母さんも亡くなってしまった今は、滅多に訪れることがありません。そんな思い入れもあって、新しくオープンする和歌山城ホールの開館イベントの落語会に出演できることを嬉しく思っています。
久し振りの和歌山県内での高座で、ワクワクしています。出演者も豪華な落語会です。乞うご期待!
 
 

 
11月27日()14時
「第7回 なでしこ寄席〜二代目桂八十八顔見世公演」


弥っこ・梅團治〜中入〜呂竹・八十八

神戸市西区文化センター2Fなでしこホール

前売り1800円/当日2000円
前売受講生・友の会会員1500円(当日2000円)
(Pコード508-553)

前売り券完売の場合は当日券なし(チケットは2ヶ月より発売予定)
ご来場時は要マスク着用。最大入場者数150人。

問い合わせ:078-991-8321西区文化センター

問い合わせ&電話予約:06-6606-5632梅團治事務所
 
◎「新なでしこ寄席」として再スタートして、早や7回目。前々回から「新」の字が取れて、落語会のタイトルも以前の「なでしこ寄席」に戻りました。
大阪や神戸の中心街から少々お時間が掛かりますが、地下鉄西神中央駅から歩いてすぐの場所に会場があるので、電車で来ると大変便利です。また、西区文化センター「友の会」に入会すると、1500円で入場可能と大変お得。但し、「友の会」の方のチケットは会場のみの販売です。
一般の方は「チケットぴあ」やセブンイレブンでもご購入頂けるし、購入の仕方が分からない方には電話予約もできるようにしました。但し、前売り券と予約で満席になった場合、当日券はございませんのでご了承ください。
今回は今夏に二代目を襲名した桂八十八師の顔見世公演になります。乞うご期待!
 
 

 
◆10月31日()14時
「第193回 須磨寺落語会〜大いに笑って、快適な秋の一日に!」

弥太郎・梅團治・かい枝〜中入〜鶴二・雀三郎

山陽電鉄須磨寺駅北7分、須磨寺青葉殿

名簿登録1500円/初回1800円
※最大入場者数を180人に制限。

※要電話予約
〈10/4(月)10:00から予約開始〜前日10/30(土)まで〉予約は電話のみ

問い合わせ&予約:06-6606-5632事務局(10:00〜19:00)
 
◎年5〜6回、日曜日または祝日の午後2時から開催している神戸新聞文化賞まで頂いた老舗の落語会。
梅團治が開催している定例会の中で最も古く、東京ディズニーランドと同級生で平成30年には35周年を迎えました。
福岡大学落研OBで先輩の須磨寺の小池管主が、永年に亘って支えてくれています。毎回、色んな一門からゲストを迎えて、バラエティーに富んだ活気ある番組で楽しんでもらっている落語会。今回のゲストは、今春に芸歴40周年を迎えた桂雀三郎師と地元尼崎出身の桂かい枝師。開口一番は吉弥師の筆頭弟子の弥太郎君です。レギュラーの喜楽館番組編成副委員長の梅團治とラジオ大阪「はなしかの時間」に木曜日レギュラー出演中の鶴二も熱演。乞うご期待!
?必ずマスク着用でご来場下さい。入口での検温、手指の消毒にご協力をお願いします。
 
 

 
10月22日(金)19時
「松楠居寄席 〜落語と蕎麦の会」


梅團治・石松・小梅

福岡市中央区大名2−1−16、松楠居

予約2500円/当日3000円※落語会は20名様限定
※ 終了後、手打ち蕎麦「やぶ金」1Fにて、懇親会を予定。

コロナ感染拡大防止を考慮するので、詳細は10/10(日)に決定
(別途3000円ほど?/10名様ほど?で企画中)。

問い合わせ:092-738-7155松楠居
06-6606-5632梅団治事務所
 
◎博多の街のど真ん中、大名にある上品な純和風の家屋「松楠居」。ここで年2回、東京の蔵之助師と梅團治・小梅の3人で東西落語会を開催させてもらっていましたが、蔵之助師が体調不良のため、暫く九州公演を休会することになったので、代わりに上方落語会を開催することになりました。こじんまりした和の会場で、演者の肉声で落ち着いた雰囲気の中、親近感をもって落語を楽しんでもらえるので、ホール落語とは違う魅力を感じるはず。会場が狭く、しかもコロナ禍での開催となるので、入場者数は20名様までに限らせてもらいます。どうぞ、お早目にご予約下さい。乞うご期待!また、終演後の懇親会は、更に参加人数を減らし、短時間で、テーブルを離して密を避け、マスク会食形式で、人気の蕎麦屋「やぶ金」で開催予定です。
懇親会の詳細は10/10(日)に決定。お早目にご予約下さい。
 
 

 

10月1日(金)18時半
「第8回 落語&漫才W親子共演会」


『座談会』四人全員
「おごろもち盗人」小梅
「竹の水仙」梅團治
『漫才』三吾、美ユル
〜中入〜
『大喜利』W親子
「八五郎坊主」梅團治

天満天神繁昌亭 前売り2300円/当日2800円
問い合わせ:06-6606-5632事務局
 
◎松竹芸能系の劇場で古くから親交のある落語家の梅團治・小梅親子と、漫才の三吾・美ユル親娘の共演会です。
本職の落語や漫才のほかにオープニングで出演者四人そろっての座談会があったり、四人全員で毎回違った趣向の大喜利に挑戦したりとバラエティに富んだ企画・・・果たして、今年はどうなることやら?乞うご期待!落語と色物の親子が年一回の定例で共演会を開催するのは他にはない珍しい演芸会。
この会だけかも?そんなオンリーワン?の「落語&漫才W親子共演会」を何卒お見逃し無きように・・・。
 

 

 
9月23日(木祝)17時半開演
「幸福×2の朝竹梅」


勢朝・福楽・竹林・梅團治・幸助、福助 ※座談会あり。
幸助、福助ピン芸あり。

天満天神繁昌亭(TEL06-6352-4874)

前売り3000円/当日3500円(Pコード:597-700)
※全席指定

問い合わせ:06-6606-5632(Faxとも)
umedanji@nifty.com梅團治事務所
 
◎キャリアの近い噺家四人と漫才師が演芸会を天満天神繁昌亭で開催します。
オープニングに全員で座談会があったり、普段は観られない幸助、福助両師のピン芸があったりと、特別企画らしい番組になっています。もちろん、各々の本芸も披露するのでお楽しみに!このコロナ禍の中、チケットの売れ行きも順調で、残券が数枚になりました。梅團治事務所にもう少しだけありますので、ご連絡をお待ちしています。乞うご期待!
 
 

 
9月20日(月祝)14時
「第16回 須磨区民寄席〜家族のきずな」


「寿限無」生寿・「佐々木裁き」梅團治
〜中入〜
「立候補(三枝作)」竹丸・「子は鎹」都

神戸市須磨区中島町1丁目2番3号、須磨区文化センター(旧須磨区民センター)
コロナ感染拡大予防対策の為、最大入場者数120人。マスク着用。

前売り1500円/当日1800円/友の会1300円

問い合わせ:078-735-7641須磨区文化センター
 
◎「須磨区民寄席」は、梅團治が須磨区民ホールから依頼を受けて、世話人を務めている落語会。毎回、梅團治がお客さんに喜んでもらえる面白い番組創りに頭を悩ませています。
今回は9月開催なので敬老の日に因んで、噺に出てくる家族愛にスポットをあててみました。親子のほのぼのとした感情をお楽しみください。
新型コロナウイルス感染拡大予防対策の為、入場者数の制限、入口での検温、また必ずマスク着用をお願いしていますので、
ご協力をお願いします。対策はその時の感染状況に際し、臨機応変に対処しています。また、この落語会の存続は入場者数がストレートに反映しますので、皆様のご来場を心よりお待ちしております。
 
 
 

公演は終了しました
▽平成22年4月11日()(受付:11時半〜12時30分)
「京都・梅小路蒸気機関車館で桂梅團治が30周年記念イベントを開催!」

12時50分〜
(「SL梅團治30周年記念号」2往復運転)
※受付先着120名様限定乗車。

14時〜 (30分間)
(記念撮影、ミニ落語会)
 

京都 梅小路蒸気機関車館
JR京都駅から市バスB3乗り場/
「205系統」で梅小路公園前下車・徒歩5分
またはJR京都駅より西へ徒歩20分

大人/1000円(入館料+SL乗車賃+記念品)
小人/300円(中学生以下)

問い合わせ:06−6606−5632梅團治事務所

※扇形車庫内にて、記念撮影会&ミニ落語会「鉄道落語」などを開催予定。
もしかすると・・・楽しみ満載です。
主催:桂梅團治師噺家になって30周年を祝う会
 
◎噺家の中では「撮り鉄」で有名な梅團治ならではのこんな企画。梅團治の「撮り鉄」仲間が30周年を記念して開催してくれるイベントです。あなたもチョッと覘いてみませんか?
 
・・・「鉄道と夢コラボ」30周年祝賀会/新聞記事へ・・・・
 


公演は終了しました
▽平成22年3月7日()14時開演
「第13回 桂梅團治独演会『梅満会』
〜噺家になって30年目を迎える」


「開口一番」佐ん吉
「野崎詣り」梅團治

『特別ゲスト』春團治
〜中入〜
「ねずみ」梅團治
『ゲスト(音曲)』柳家紫文(東京より)
「時うどん」梅團治

会場:ワッハ上方5Fワッハホール

前売3000円/当日3500円 
※1月10日発売開始  

地下鉄なんば5分、ワッハ上方5Fワッハホール

《チケット購入&お問い合わせ》

電話&FAX:06-6606-5632梅團治事務所
06-6649-8640松竹芸能
《チケット販売》
06-6631-0 884ワッハ上方
ファミリーマート・サークルK・サンクス店頭
(Pコード:401−098)
 
梅團治の年一回の独演会「梅満会」の時期が近づいてきました。
この2010年に噺家になって30年目を迎える「梅満会」は、ゲストに傘寿祝いと春團治を襲名して50年を迎えた師匠の三代目春團治を迎えて開催します。色物ゲストには、大阪では珍しい音曲の柳家紫文師に東京からお越し頂きます。必見!の独演会に乞うご期待!