注目の寄席・・・注目の寄席・・・
top
◎◎平成17年9月6日(火)開場18時 開演18時半◎◎
第8回 「桂 梅團治 ふるさと岡山公演」
(岡山県天神山文化プラザ 後援)
 
7月28日()10時
「第89回 花菱の会IN繁昌亭朝席〜夏休み特別企画」


「初天神」棗・「つる」春雨・「夏の医者」花團治・「皿屋敷」梅團治

天満天神繁昌亭

前売り1800円(小中学生1000円)
当日2000円(小中学生1200円)
(Pコード:597-700)

問い合わせ&メール予約:06−6606−5632(電話・FAX共用)
umedanji@nifty.com事務局
 
◎春團治一門で芸歴30年を超えた梅團治・花團治・春雨・福車の四人が、天満天神繁昌亭で1月と7月の年2回開催していた落語会が、今回から三人になってしまいました。福車師の分も頑張って続けていきたいと思っています。さて、昨年から夏の朝席は子ども達が夏休み期間に入るので、ご家族そろって楽しめる落語会になっています。子ども達にも親しみ易いユニークな噺ばかりなので、落語を聴くのは初めてという大人の方も、この機会に落語に少し歩み寄ってください。皆様のご来場をお待ちしております。
 
 
 
 
7月20日(金)18時45分
「第12回 ポレポレ浮世亭〜第3回 桂 梅團治の会」


「動物園」小梅
「寝床」梅團治
『当日のお楽しみ』蔵之助
「佐々木裁き」梅團治

東京、JR東中野西口=都営地下鉄大江戸線東中野A1出口から1分、ポレポレ坐

予約3000円/当日3500円(自由席)
※ワンドリンク付

問い合わせ&予約:03-3227-1405ポレポレ坐

(電話予約)/ 06-6606-5632(電話&Fax)
umedanji@nifty.com(メール予約可)梅團治事務所
 
◎東京では20年以上に亘って、毎年3月初旬に「桂文我・桂梅團治二人会」を国立演芸場で開催していますが、一昨年から東中野駅前にあるポレポレ坐のご協力を得て、毎夏に独演会も開催する運びとなりました。
3回目になる今回は、道頓堀中座で行われた梅團治襲名披露の会の時に上演した「佐々木裁き」と、まさにコメディという「寝床」を上演。また、今回のゲストは永年に亘って九州各地で梅團治と二人会を開催をしている橘家蔵之助師、昨年は病に倒れて出演できませんでしたが今年は大丈夫。小梅もグングンと力をつけてきています。これからの成長を見守ってやってください。どうぞ、皆さんのご来場をお待ちしております。
 
 
 
 
7月16日(月・祝)18時
「第6回 梅團治憧れの東西二人会〜隅田川 馬石の段」


「開口一番」小梅・「天災」梅團治・「湯屋番」馬石
〜中入〜
亜空亜SHIN(変面)・「粗忽の使者」馬石・「はてなの茶碗」梅團治

天満天神繁昌亭

前売り3000円/当日3500円
※全席指定(Pコード:597-700)

問い合わせ:06−6606−5632
umedanji@nifty.com事務局
 
◎毎夏、恒例となっている東京の噺家さんとの二人会。今年は梅團治61歳の誕生日前日に開催します。今回は株価急上昇の若手真打、隅田川馬石師がゲスト。馬石師がまだ佐助の時分に東西交流会で何度かご一緒したことがありますが、今回はそれ以来、久し振りに一緒の高座となります。そして、日本ではこの人だけかも知れない?亜空亜SHINさんの変面、そして弟子の小梅も元気に開口一番を務めます。
落語ファンにとっては、必見の落語会となるはず。今すぐお電話を・・・テレフォンショッピングかっちゅうねん。
※一般前売り発売は2ヶ月前からですが、指定席の為、梅團治事務所では先行予約を3ヶ月から始めます。
 
 
 
 
7月11日(水)18時半
「第1回 丁酉(ひのととり)の会〜枝鶴・米二・梅團治 三人会」

小梅
・「青菜」梅團治・「軒付け」米二
〜中入〜
『鼎談』三人会メンバー・「千両みかん」枝鶴

天満天神繁昌亭

前売り2500円/当日3000円
※整理番号付自由席(Pコード:597-700)

問い合わせ:06−6606−5632
umedanji@nifty.com事務局
 
◎昨年に還暦を迎えた酉年の三人が新たに始める落語会の一回目。噺家としてのキャリアでは梅團治が一番後輩という事になります。「丙午」は知ってましたが、「丁酉」は今回初めて知りました。やっぱり、米二師は物知りですなぁ。とても同じ年齢とは思えません。私が知っていたのは「バタバタ貧乏」と云って、酉年は忙しくするけど、お金が儲からないとか、どうとか・・・これぐらい。うーん、私は正にその通り。頑張りま〜す。
 
 
 
 
7月6日(金)15時
「第27回 おしゃべりカフェ落語会〜桂 梅團治・桂 小梅 師弟会」


梅團治(二席)・小梅(二席)

札幌市南1西8、三吉神社社務所

予約・当日1000円※100名限定(6/29予約締切)

問い合わせ:TEL:011-251-6353
FAX:011-271-2738中央まちづくりセンター
 
◎「トワイライトEXP」の撮影がキッカケで始まった落語会で、今年が4回目になります。
大阪から遥か彼方にある北海道の札幌という縁も所縁も無い土地で、私達師弟の為に懸命に動いて落語会を開催してくれる人達がいてくれるのはホンマにありがたいこと。昨年から大きな会場へ移して開催してますので、このホームページをご覧になったお近くの方は是非ご来場ください。梅團治と小梅の上方落語を二席ずつたっぷりとお聴き頂けます。
 
 
 
 
6月30日()14時
「じゅれっぷ寄席〜小3トリオの会・今回は小留の発表会」


小鯛・小梅・小留「フリートーク&首提灯」

京阪枚方公園駅1分、ショットバーJULEP

電話・メール予約&チラシ付き割引券持参1400円/当日1500円

問い合わせ:06−6606−5632

umedanji@nifty.com事務局
 
◎芸名に『小』の字が入った小鯛・小梅・小留という若手3人の落語会で、名付けて「小3トリオの会」・・・山口百恵・桜田淳子・森昌子にあやかって、3人が落語界のスーパースターになれるようにと、梅團治が落語会のタイトルを付けたらしい?虚しい結果にならないように毎回、3人が全力で高座に挑んでいます。3人が一層成長していく姿を皆さんも客席で見守ってください。「よし、応援してやるぞ!」というお客さんのご来場をお待ちしています。
 
 
 
 
6月29日(金)18時半
「第32回 上方落語 福岡県人隊」


団四郎・梅團治・恭瓶・よね吉・風喬・三四郎・そうば・呂好
※博多にわか風コントあり

天満天神繁昌亭

前売り2500円/当日3000円
(チケットぴあ:Pコード597-700)

問い合わせ:06-6606-5632梅團治事務所
 
◎天満天神繁昌亭で年4回定期開催している落語会。
福岡県所縁の従来のメンバー7名〈団四郎(芦屋町出身)、梅團治(福岡大卒)、恭瓶(福岡市出身)、よね吉(九工大卒)、風喬(うきは市出身)、三四郎(旧第一経済大卒)、そうば(福岡市出身)〉に新メンバーの呂好君が加わって、総勢8名が出演。
毎回「博多にわか」のお面を付けて、時事ネタを披露したりして、他の落語会には無い福岡色の濃い企画も楽しめます。福岡県に縁も所縁もない方も、大阪の天満天神繁昌亭で福岡へ笑(小)旅行はいかが?
 
 
 
 
6月23日()14時
「第14回 河内ふれあい寄席」


文我・梅團治・眞

栃木県宇都宮市上田原町、田原コミュニティープラザ

会費1000円

問い合わせ:028-661-1011王子マテリア(株)佐藤
 
◎「上新庄えきまえ寄席」を長年支えてくれている王子マテリア(株)さんが、宇都宮で年一回続けてくれている落語会で今年で14回目。梅團治は第5回に出て以来、2回目の出演になります。栃木県には真岡鐡道や東武鉄道のようにSLが走っている鉄路が・・・梅團治にとっては最高の仕事場になりそう?楽しみのある方が自然と高座にも力が入る・・・ホンマかな?それは高座を観てのお楽しみ。関東の皆さん、滅多にない梅團治の高座を観られるチャンスです。ご来場ください。
 
 
 
 
6月20日(水)18時半
「第22回 めざせ!四天王の会」


鶴太・「明石飛脚」米平・「瘤弁慶」枝光
〜中入〜
「米揚げ笊」梅團治・「子は鎹」鶴二

天満天神繁昌亭

前売り2500円/当日2800円

(チケットぴあ:Pコード597-700)
問い合わせ:06-6606-5632梅團治事務所
 
◎天満天神繁昌亭で年2回、1月と6月に開催している落語会です。
松鶴・米朝・文枝・春團治の四人、いわゆる「上方落語四天王」の直弟子、枝光・梅團治・米平・鶴二の四名が、毎回出演順を変えて、四天王が高座に掛けていた前座噺から大ネタまで様々な噺に挑戦します。
それぞれの一門の特色が高座で再発見できるかも?その日からあなたは落語ツウ?ご来場をお待ちしております。
 
 
 
 
6月17日()14時(◆印は春団治一門スタンプラリー実施)
「第175回 須磨寺落語会〜35周年記念 お客様感謝デー!」


文五郎 ・鶴二・梅團治
〜中入〜
鶴二・文珍

山陽電鉄須磨寺駅北7分、須磨寺青葉殿

1500円
(今回はお客様感謝デーの為、ご案内ハガキにお名前が記載されている方のみ入場可)
※ご案内ハガキは、3年以内に一度でもご来場頂いたお客様に出しています。

問い合わせ:06-6606-5632事務局
 
◎年5〜6回、日曜日または祝日の午後2時から開催している神戸新聞文化賞まで頂いた老舗の落語会で、梅團治が開催している定例会の中で最も古く、東京ディズニーランドと同じ年齢。
福岡大学落研OBで先輩の須磨寺の小池管主が、永年に亘って支えてくれていて、当初は春秋・竹林の同期会としてスタートしました。現在は梅團治と鶴二が世話人をしています。毎回、色んな一門からゲストを迎えて、バラエティーに富んだ番組で活気ある落語会になっています。今回は目出度く35周年を迎えますので、特別ゲストに文珍師をお迎えします。文珍師は「須磨寺落語会」初出演となります。他にも中堅になって益々フラの出てきた福矢師、開口一番は文珍師の末弟子文五郎君が務めます。レギュラーの梅團治と鶴二の渾身の高座もお見逃しなく!
※今まで落語会を支えてくれたお客様への感謝デーなので、初めての方はご入場できません。ご了承ください。
 
 
 
 
6月9日()14時
「第18回 湯けむり落語会〜桂梅團治落語会」


小梅・梅團治・蔵之助〜中入〜梅團治

大分県、別府鉄輪温泉、冨士屋一也百ホール

一般3000円/友の会2700円/大学生1000円/高校以下500円
※着物・浴衣でご来場の方は300円引き

問い合わせ:0977-66-3251冨士屋
 
◎別府の鉄輪温泉という有名な温泉街の中にある落ち着いた雰囲気の日本家屋で不定期に開催してされている落語会。前回、この「湯けむり寄席」に出演させてもらった時は、かい枝師との二人会でした。。色んな噺家さんが出演をしています。今回は「梅團治の噺を愉しむ!」と題して、梅團治が二席、蔵之助師はゲスト。蔵之助師も小梅も「湯けむり寄席」は、初めての出演になります。お近くの皆さん、どうぞお気軽にお越しください。
 
 
 
 
6月3日()13時半
「第48回 ほろ酔い寄席(同期競演)」


小梅・春蝶・坊枝
〜中入〜
吉次・春雨

住吉区民センター(住吉区役所隣接)

会員1500円/一般は電話予約&当日とも2000円
※予約で満席の場合、当日券はありません

問い合わせ&予約:06-6606-5632
umedanji@nifty.com梅團治事務所
 
◎三代目春団治の住まいがある住吉区を中心とした皆さんが、裏方さんになって開催してくれているのが、この「ほろ酔い寄席」です。師匠が亡くなられた後も「三代目桂春団治を囲む会」の名称を「三代目春団治倶楽部」と改めて活動を継続してくれています。梅團治も番組企画をはじめ世話人の一人として、落語会の運営を手伝っています。
近年は一門以外のゲストをお一人招いて開催するようになりましたので、より多くの噺家さんの高座を楽しむ事ができるようになりました。引き続き、三代目春団治一門へのご支援と、皆様のご来場をお待ちしております。
 
 
 
 
6月2日()13時/17時※2回公演
「第4回 いかすり寄席」


(昼の部)「平林」小梅・宗助・文三・笑遊
〜中入〜
米平・文我

(夜の部)「犬の目」小梅・文三・文我・笑遊
〜中入〜
宗助・米平・「鴻池の犬」梅團治

地下鉄本町15番出口から3分、坐摩神社

前売り・電話予約2000円/当日2500円
(チケットぴあ:Pコード484-634)

問い合わせ&電話・メール予約:
06-6606-5632
umedanji@nifty.com梅團治事務所
 
◎一昨年から由緒ある坐摩神社で始まったばかりの落語会。
昼夜2回公演で、昼間は船場に因むネタ、夜は犬に因むネタを聴いてもらいます。坐摩神社と書いて「いかすり神社」と読みます。皆さんご存知でしたか?通称「ザマさん」と呼んでいるので知らなかったという人が多いかも?恥ずかしながら、この私も落語会を始めるまでは知りませんでした。あぁ、情けない。梅團治は夜のみの出演ですが、小梅が昼夜ともに出演します。どうぞ皆さん、ご来場ください。
 
 
 
 
6月1日(金)18時半
「東西目玉笑品大放出!らくごバーゲンセール〜何と!1480円」


笑遊・梅團治・純瓶・小梅
※お囃子はCD

なんば千日前、上方ビル3F、千日亭

1480円(65名様限定/予約受付中)
※予約で満席の場合、当日券なし

問い合わせ&予約:06-6606-5632
umedanji@nifty.com事務局
 
◎生のお囃子ではありませんが、とにかく安いんです。東京からゲストも招いて、落語四席でこの値段。
梅團治と小梅の二人が年末にやっている「落語バーゲンセール」の夏バージョンです。暑さを吹き飛ばす大熱演、聴きに来ないと絶対に損をする。どうぞ、お見逃しなく。ご来場を待ってます。
 
 
 
 
5月29日(火)19時
「第3回 弐の壱寄席」


小梅梅團治・蔵之助
〜中入〜
梅團治

佐賀県佐賀市、佐賀商工ビル7F会議場

前売り&予約2500円/当日3000円※ワンドリンク付
※予約で満席の場合、当日券なし

問い合わせ:090-5283-9883田辺淳子
 
◎佐賀市街の中心にあった「喫茶るーゑ」で開催されていた「るーゑ寄席」。マスターご夫婦が体調を崩してお店を閉店した後、そのお客さん達が立ち上がって落語会を引き続き開催をしてくれているという有難い落語会。マスターご夫婦が今度はお客さんとしてご来場くださっています。地元の皆さんが公共施設を借りて、完全な手作りで頑張ってくれているので、このホームページをご覧下さった方々は是非ご来場ください。予約のお電話をお待ちしております。
 
 
 
 
5月26日()18時
「なかつ寄席〜東西二人会」


梅團治(二席)・蔵之助(二席)・小梅

大分県中津市、リル・ドリーム

前売り1500円/当日1800円

問い合わせ:0979-24-1155
中津文化会館
 
◎毎年、5月末の土曜日に開催をしている落語会。福岡大学落語研究会の先輩が地元中津で定例会を開きたいというのがきっかけで始まりました。そして、今年で何と10周年を迎えます。定員116名という落語にとっては最高のホールが会場で、地元スタッフの努力でいつも会場は満席になっています。毎回、梅團治と蔵之助が二席ずつ、小梅が6回目から前座を務めているので、たっぷりと落語を満喫してもらえます。お近くの方は是非一度、足を運んでください。
 
 
 
 
5月26日()13時半
「第7回 宇佐晴らし東西落語会」


梅團治・蔵之助・小梅

大分県、宇佐神宮前、TMスタジオ神の森ホール

前売り・電話予約1500円/当日1800円
※小中学生500円

問い合わせ:0978-37-2544TMスタジオ
 
◎宇佐神宮の目の前にあるTMスタジオ。そのオーナーが福岡大学落語研究会OBで梅團治の後輩になります。
後輩にとって運河良かったのか?悪かったのか?落語会を開催するハメに・・・小さなスタジオですので間近にご覧頂けます。
ホンマに目の前なので、ブラリ宇佐神宮を散歩してから、落語会を楽しむのも一興。まさに日頃の憂さ晴らしをする宇佐晴らしの会。ご来場あれ。
 
 
 
 
5月21日(月)19時
「松楠居寄席〜落語と蕎麦の会」


梅團治・蔵之助・小梅

福岡市中央区大名2‐1‐16、松楠居

ご予約2500円/当日3000円※35名様限定
※終了後、手打ち蕎麦「やぶ金」1Fにて、

噺家さんを囲んで懇親会あり(20名様限定/別途3000円)

問い合わせ&予約:06-6606-5632
(TEL&FAX)
umedanji@nifty.com
092-738-7155松楠居
 
◎博多の街のど真ん中、大名にある上品な和家屋の松楠居。こじんまりした会場なので、マイクを使わず肉声で、落ち着いた雰囲気の中、間近に落語を感じてもらえます。年2回、東京の蔵之助師と東西二人会を開催しているのでが、昨秋は蔵之助師が病気で出演ができなかった為、「上方落語福岡県人隊」でもお馴染みの笑福亭風喬師が代演しました。今春は蔵之助師が元気になって復帰。乞うご期待!集客人数に限りがありますので、お早目にご予約下さい。
 
 
 
 
公演は終了しました
▽平成22年4月11日()(受付:11時半〜12時30分)
「京都・梅小路蒸気機関車館で桂梅團治が30周年記念イベントを開催!」

12時50分〜
(「SL梅團治30周年記念号」2往復運転)
※受付先着120名様限定乗車。

14時〜 (30分間)
(記念撮影、ミニ落語会)

京都 梅小路蒸気機関車館
JR京都駅から市バスB3乗り場/
「205系統」で梅小路公園前下車・徒歩5分
またはJR京都駅より西へ徒歩20分

大人/1000円(入館料+SL乗車賃+記念品)
小人/300円(中学生以下)

問い合わせ:06−6606−5632梅團治事務所

※扇形車庫内にて、記念撮影会&ミニ落語会「鉄道落語」などを開催予定。
もしかすると・・・楽しみ満載です。
主催:桂梅團治師噺家になって30周年を祝う会
 
◎噺家の中では「撮り鉄」で有名な梅團治ならではのこんな企画。梅團治の「撮り鉄」仲間が30周年を記念して開催してくれるイベントです。あなたもチョッと覘いてみませんか?
 
・・・「鉄道と夢コラボ」30周年祝賀会/新聞記事へ・・・・
 


公演は終了しました
▽平成22年3月7日()14時開演
「第13回 桂梅團治独演会『梅満会』
〜噺家になって30年目を迎える」


「開口一番」佐ん吉
「野崎詣り」梅團治

『特別ゲスト』春團治
〜中入〜
「ねずみ」梅團治
『ゲスト(音曲)』柳家紫文(東京より)
「時うどん」梅團治

会場:ワッハ上方5Fワッハホール

前売3000円/当日3500円 
※1月10日発売開始  

地下鉄なんば5分、ワッハ上方5Fワッハホール

《チケット購入&お問い合わせ》

電話&FAX:06-6606-5632梅團治事務所
06-6649-8640松竹芸能
《チケット販売》
06-6631-0 884ワッハ上方
ファミリーマート・サークルK・サンクス店頭
(Pコード:401−098)
 
梅團治の年一回の独演会「梅満会」の時期が近づいてきました。
この2010年に噺家になって30年目を迎える「梅満会」は、ゲストに傘寿祝いと春團治を襲名して50年を迎えた師匠の三代目春團治を迎えて開催します。色物ゲストには、大阪では珍しい音曲の柳家紫文師に東京からお越し頂きます。必見!の独演会に乞うご期待!