注目の寄席・・・注目の寄席・・・
top
◎◎平成17年9月6日(火)開場18時 開演18時半◎◎
第8回 「桂 梅團治 ふるさと岡山公演」
(岡山県天神山文化プラザ 後援)
 
 
◆天満天神繁昌亭では、存続の為に噺家が色んなアイデアを考えています。こんな面白い方法で、ご支援をして頂ける方々を募集していますので、宜しくお願いします。
 

 
◆新型コロナウイルス感染拡大を防止する為、閉館をしていた天満天神繁昌亭が、7月1日から入場者数を制限してスタートしました。
入場者数が制限されている為、この先は運営の困難が予想されます。
そこで、天満天神繁昌亭の高座をライブ配信をする事が決まりました。
あなたも登録して天満天神繁昌亭の高座をお楽しみください。
※詳細はチラシを参照
 
 

7月24日()10時15分
「第95回花菱の会IN繁昌亭朝席」

恩狸・「天災」梅團治・「一文笛」花團治
〜中入り〜
「遊 山船」福楽・「へっつい幽霊」春雨

天満天神繁昌亭

前売り2500円/当日3000円(Pコード:597−700)

102名様限定、必ずマスク着用

問い合わせ&メール予約:06−6606−5632
(電話・FAX共用)
umedanji@nifty.com事務局
 
◎「花菱の会」は、三代目春団治一門の直弟子と孫弟子の芸歴35年を超えた四人が、天満天神繁昌亭で1月と7月の2回開催している落語会です。今回の梅團治は二本目で爆笑噺「天災」を披露。トリを務める春雨は博打好きの幽霊が出てくる「へっつい幽霊」、花團治は故・米朝師匠の創作落語の名作「一文笛」、福楽は夏の上方落語の代表作「遊山船」を演じます。コロナを忘れて、笑って暑気払い。
皆さんに楽しんでもらえる番組になってますので、ご来場を心よりお待ち申し上げております。
 

 

 
7月23日(金祝)17時45分
「第4回丁酉(ひのととり)の会〜枝鶴・米二・梅團治昭和32年生まれ三人会」


小梅
・「代書屋」梅團治・「饅頭こわい」米二
〜中入り〜
『鼎談』枝鶴&米二&梅團治・「竹の水仙」枝鶴

天満天神繁昌亭

前売り3000円/当日3500円

※整理番号付自由席102席(チケットびあ:Pコード:597-700)

ライブ配信サービス「ぴあライブストリーム」オンライン繁昌亭夜席
オンライン視聴料2000円※一週間のアーカイブ付(オンラインで検索)

問い合わせ:06−6606−5632
umedanji@nifty.com事務局
 
◎まだワクチン接種をしてもらえなくて、来年から年金が支給される昭和32年(1957年)生まれの酉年の噺家三人の落語会です。キャリアが古い順で、枝鶴師(1975入門)、米二師(1976入門)、そして梅團治(1980入門)が一番後輩になります。「丙午」(ひのえうま)はよく聞きますが、「丁酉」は余り耳にしません。この落語会を3人で始める時にタイトルは何にする?ということになりました。
実は、その時に物知りの米二師から初めて聞いたのが、この「丁酉」。私が知っていたのは酉年は「バタバタ貧乏」。忙しいけど、お金が儲からない「バタバタ貧乏の会」は却下。それに羽ばたこうと思っても飛べないとか・・・低空飛行でも良いから飛びたいなぁ!年一回の貴重な落語会なので、是非お越しください。ご予約をお待ちしています。
 
丁酉ひのととり
 

 
7月23日(金祝)13時開演
「HAPPY3〜梅團治・由瓶・喬介受賞記念落語会」

呂翔・「寄合酒」喬介・「皿屋敷」梅團治・「試し酒」由瓶
〜中入り〜
「癪の合薬」由瓶・「転宅」喬介・「鴻池の犬」梅團治

地下鉄心斎橋から5分、心斎橋角座
(中央区東心斎橋1−19−11鰻谷スクエアB1)

前売り2800円/当日3000円(整理番号付自由席)

※チケットぴあ(Pコード:597-692)※マスク着用

問い合わせ:
06−6258−8085
松竹芸能
06−6606−5632梅團治事務所
umedanji@nifty.com事務局
 
4月30日(金)に開催予定だった特別公演が、コロナ感染拡大の為に発令された緊急事態宣言で延期、昨年も5月初旬に心斎橋角座で開催するはずだった梅團治の令和元年度文化庁芸術祭優秀賞受賞記念会が緊急事態宣言で中止されています。この日に延期された落語界は、昨年度の繁昌亭大賞奨励賞を受賞した由瓶師、令和2年度文化庁芸術新人賞を受賞した喬介師との三人会で、各々が二席ずつ、計六席を演じる聴き応えのある会で所属事務所の松竹芸能が企画しました。開口一番は呂翔君が務めます。
コロナ禍でソーシャルディスタンスを考慮して、席の間隔を空けて開催しますので席数が僅かしかありません。早めにご予約をお願いします。
 
 

 
6月26日()14時
「第17回じゅれっぷ寄席〜小3トリオの会」
番組〜小梅の発表会


『オープニングトーク』小梅・小鯛・小留・「おごろもち盗人」小梅

京阪枚方公園駅1分、「ショットバー」ULEP

電話・メール予約1400円/当日1500※マスク着用で、最大15人まで
予約で満席の場合、当日券はありませんのでご予約をおススメします。

問い合わせ:06−6606−5632

umedanji@nifty.com事務所
 
◎芸名『小』の字が入った小鯛小梅小留という若手3人の落語会で、名付けて「小3トリオの会」。山口百恵・桜田淳子・森昌子という梅團治が憧れたスターにあやかって、3人が落語界のスーパースターになるようにと名付けました。学生時代に3人の内の2人のコンサートを観に行ったという梅團治が落語会の名付け親。誰と誰のコンサートへ行ったのか、それは秘密ですって、そんなテレビ番組ありましたよね。
落語界の「小3トリオ」の3人が成長していく姿を客席で見守ってください。「よし、ガンバレ、応援してやるぞ!」というお客さんのご来場をお待ちしています。徐々にお客さんが増えてきていたのですが、コロナ禍で今は大変。
ソーシャルディスタンスで最大15名様までになっていますので、ご予約をおススメします。マスクをしてご来場ください。
 
 

 
6月24日(木)18時半
「第27回 めざせ!四天王の会〜十八番に挑戦」


呂翔・「田楽食い」米平・「へっつい幽霊」枝光
〜中入〜
「つぼ算」梅團治・「胴乱の幸助」鶴二

天満天神繁昌亭

前売り2500円/当日2800円
(チケットぴあ:Pコード597ー700)

問い合わせ:06−6606−5632(電話・FAX共用)
umedanji@nifty.com
梅團治事務所
 
天満天神繁昌亭で年2回、1月6月に開催している落語会です。松鶴米朝文枝春團治の四人、いわゆる「上方落語四天王」の直弟子、枝光梅團治米平鶴二の四人が、毎回出演順を変えて、四天王が高座に掛けていた前座噺から大ネタまで様々な噺に挑戦します。今回、梅團治は二台目春団治の十八番「つぼ算」。修行中に師匠三代目が自宅でこっそり二代目のテープを聴いて稽古をしていたのが思い出されます。二代目の音源で覚えて、三代目に見てもらったネタです。四人各々の一門の特色が高座で再発見できるかも?その日から、あなたも落語ツウの仲間入り?みなさんのご来場をお待ちしております。コロナが少しでも収束しているとよいのですが・・・
 
 

 
6月18日(金)18時半
「第40回上方落語 福岡県人隊」

団四郎・梅團治・恭瓶・よね吉・風喬・三四朗・そうば・呂好・鶴太
*博多にわか風コントあり

天満天神繁昌亭

前売り2500円/当日3000円
(チケットぴあ:Pコード597ー700)

問い合わせ:06−6606−5632
梅團治事務所
 
◎天満天神繁昌亭で年4回定期開催している落語会。飯塚出身の鶴太が加わって「上方落語福岡県人隊」の隊員メンバーが9名になりました。団四郎(芦屋町出身)、梅團治福岡大学、恭瓶福岡市出身/九産大卒)、よね吉(九工大卒)、風喬(うきば市出身/福岡大大濠高卒)、三四郎(第一経済大卒(現・日本経済大)、そうば(福岡市出身)、呂好(柳川高卒(サッカー部)、鶴太(飯塚市出身)の9名です。毎回、落語で出番のないメンバーが「博多にわか」に挑戦。お面を付けて、最新の時事ネタを披露。恭瓶の博多弁落語もあったりして・・・他の落語会にはない福岡色の濃い企画が面白いと好評。コロナ禍で気軽に旅行に出掛けられない今、「博多小(笑)旅行」で天満天神繁昌亭に来たら、どげんやろか?
 
 

緊急事態宣言延長の為、公演中止
6月12日()14時
「第436回上新庄えきまえ寄席〜梅團治・春雨二席ずつたっぷり二人会」

梅團治「ノンフィクション2020」ほか古典一席
春雨「花色木綿」ほか一席
小梅

阪急上新庄すぐ、春日神社集会所2F

電話&FAX予約のみ1500円
※コロナ感染予約の為30名様限定、当日券なし
必ずマスク着用でお越しください。

問い合わせ&電話予約:umedanji@nifty.com
06−6606−5632梅團治事務所
 
文我・梅團治・米平・三歩・三象・文都・宗助・まん我・雀五郎・三幸という10名のレギュラーメンバーが、月当番制で開催をしているのが、「上新庄えきまえ寄席」。6月は梅團治月当番で、毎年「梅雨は梅團治の第2の季節」と題して、二人会を企画しています。今年は私のすぐ下の弟弟子の春雨師との二人会。梅團治は昨年創ったばかりの鉄道落語「ノンフィクション2020」と古典落語一席、春雨師は最近覚えたばかりの「花色木綿」を披露。乞うご期待!注)80名で満席の会場を新型コロナ感染予防対策の為、上限30名様とさせてもらいますので、お早めにご予約下さい。
 
 

緊急事態宣言延長の為、公演中止
▽6月6日()13時半
「第57回 ほろ酔い寄席〜同期競演」
治門(2008年入j門)・南舟「講談」(2008年入j門)・春雨
〜中入〜
陽照「ものまね」・春團治
住吉区民センター(住吉区役所隣接)
一般は電話予約&当日とも2500円※5/6(木)から受付開始
)マスク着用、最大入場者数100名
問い合わせ&予約:06−6606−5632
umedanji@nifty.com梅團治事務局
 
◎三代目春団治が住んでいた住吉区を中心として皆さんが、スタッフになって開催してくれているのが、この「ほろ酔い寄席」です。三代目が亡くなった後も「三代目春団治を囲む会」の名称を「三代目春団治倶楽部」と改めて活動を継続してくれています。梅團治が番組企画をはじめ、世話人の皆さんと一緒に 落語会の開催を手伝っています。2年ほど前から一門以外のゲストを招いて開催するようになりましたので、より多くの噺家さんの高座をたのしんでもらえるようになりました。
今回のゲストは講談界から初めての南舟さん、それに色物『ものまね』で陽照さんが出演。いつもとはちょっと違う高座をご覧いただけます。引き続き、三代目春団治一門へのご支援をお願い致します。また、コロナ感染拡大予防対策も取らせてもらっていますので、皆様は必ずマスクを着用してご来場下さい。
 
 

公演は終了しました
▽平成22年4月11日()(受付:11時半〜12時30分)
「京都・梅小路蒸気機関車館で桂梅團治が30周年記念イベントを開催!」

12時50分〜
(「SL梅團治30周年記念号」2往復運転)
※受付先着120名様限定乗車。

14時〜 (30分間)
(記念撮影、ミニ落語会)
 

京都 梅小路蒸気機関車館
JR京都駅から市バスB3乗り場/
「205系統」で梅小路公園前下車・徒歩5分
またはJR京都駅より西へ徒歩20分

大人/1000円(入館料+SL乗車賃+記念品)
小人/300円(中学生以下)

問い合わせ:06−6606−5632梅團治事務所

※扇形車庫内にて、記念撮影会&ミニ落語会「鉄道落語」などを開催予定。
もしかすると・・・楽しみ満載です。
主催:桂梅團治師噺家になって30周年を祝う会
 
◎噺家の中では「撮り鉄」で有名な梅團治ならではのこんな企画。梅團治の「撮り鉄」仲間が30周年を記念して開催してくれるイベントです。あなたもチョッと覘いてみませんか?
 
・・・「鉄道と夢コラボ」30周年祝賀会/新聞記事へ・・・・
 


公演は終了しました
▽平成22年3月7日()14時開演
「第13回 桂梅團治独演会『梅満会』
〜噺家になって30年目を迎える」


「開口一番」佐ん吉
「野崎詣り」梅團治

『特別ゲスト』春團治
〜中入〜
「ねずみ」梅團治
『ゲスト(音曲)』柳家紫文(東京より)
「時うどん」梅團治

会場:ワッハ上方5Fワッハホール

前売3000円/当日3500円 
※1月10日発売開始  

地下鉄なんば5分、ワッハ上方5Fワッハホール

《チケット購入&お問い合わせ》

電話&FAX:06-6606-5632梅團治事務所
06-6649-8640松竹芸能
《チケット販売》
06-6631-0 884ワッハ上方
ファミリーマート・サークルK・サンクス店頭
(Pコード:401−098)
 
梅團治の年一回の独演会「梅満会」の時期が近づいてきました。
この2010年に噺家になって30年目を迎える「梅満会」は、ゲストに傘寿祝いと春團治を襲名して50年を迎えた師匠の三代目春團治を迎えて開催します。色物ゲストには、大阪では珍しい音曲の柳家紫文師に東京からお越し頂きます。必見!の独演会に乞うご期待!