注目の寄席・・・注目の寄席・・・
top
◎◎平成17年9月6日(火)開場18時 開演18時半◎◎
第8回 「桂 梅團治 ふるさと岡山公演」
(岡山県天神山文化プラザ 後援)
 
◆天満天神繁昌亭では、存続の為に噺家が色んなアイデアを考えています。こんな面白い方法で、ご支援をして頂ける方々を募集していますので、宜しくお願いします。
 

 
◆新型コロナウイルス感染拡大を防止する為、閉館をしていた天満天神繁昌亭が、7月1日から入場者数を制限してスタートしました。
入場者数が制限されている為、この先は運営の困難が予想されます。
そこで、天満天神繁昌亭の高座をライブ配信をする事が決まりました。
あなたも登録して天満天神繁昌亭の高座をお楽しみください。
※詳細はチラシを参照
 
 
1月9日()18時開演
「七回忌追善 三代目桂春團治一門会」

福團治・春團治・春若・小春團治・梅團治・春雨・春蝶

前売り3000円/当日3500円

問い合わせ&予約:06-6606-5632umedanji@nifty.com事務局
 
◎年一回、三代目春團治の命日に開催をしている一門で、直弟子七人(福團治・春團治・春若・小春團治・梅團治・春雨・春蝶)が出演。
三代目直系の兄弟弟子が揃って出演するのは、この落語会だけかも?前座はなく、七人が並んで始まります。これまでは出演順もクジ引きやジャンケンで決定。今回は三代目の七回忌ということもあって、例年にはない企画を思案中だとか?皆さんのご来場をお待ちしています。
 
 

 
令和4年1月6日(木)18時半開演
「第96回 花菱の会in繁昌亭夜席」


福留・「花色木綿」春雨・「つぼ算」梅團治
〜中入〜「防空壕(自作)」花團治・「子は鎹」福楽

前売り2500円/当日3000円

問い合わせ:06-6606-5632事務局
 
◎年に2回(1月・7月)開催をしている一門でキャリアの近い四人(福楽・梅團治・花團治・春雨)の落語会で、「開口一番」は一門の若手が中心で出演して、 今回は福團治師の末弟子の福留君が初出演。まだ若手の頃、法善寺にある「味乃笠」という串カツ店の2階で、春秋・蝶六・春雨・福車という四人の勉強会としてスタート。その後、ワッハ上方レッスンルームを経て、天満天神繁昌亭で開催。
福車師亡き後、兄弟子の福楽師が加わって、現在のメンバーになりました。今回はその福楽師がトリを務めます。そして、花團治師は自作の落語をこの会で初披露。梅團治は二代目さんの得意ネタ「つぼ算」を熱演。乞うご期待。
 
 

 
12月26日()14時
「第440回 上新庄えきまえ寄席〜落語バーゲンセール」


梅團治(「鼓ヶ滝」ほか一席)・小梅(「動物園」ほか一席)※お囃子はCD

全員に100円玉入り大入袋進呈。年末抽選会あり

阪急上新庄駅南出口から3分、春日神社集会所2F

前売り1500円/当日1800円
要予約で35名様限定、マスク着用

問い合わせ:06-6606-5632梅團治事務所
 
◎10人の噺家が毎月交代で上新庄駅前にある春日神社でやっている「上新庄えきまえ寄席」。梅團治は本来6月の当番なのですが、今年はコロナが感染拡大して中止になりました。そして、多くの噺家が集まる7月と12月の全員集合の会も中止。
全員集合ができない代わりにメンバーの誰かが単独で開催することになった訳。12月は6月にできなかった梅團治が開催します。コロナ前まで、千日亭でやっていたバーゲンセールの会と合体した面白企画に乞うご期待!
 
 

 
12月21日(火)18時半
「東西鉄道落語家大集合2021」


小ゑん・梅團治・しん吉・駒次

東京、中央区立日本橋社会教育会館

前売り3000円/当日3500円

問い合わせ:06-6606-5632(電話・FAX共用)
umedanji@nifty.com事務局
 
◎鉄道落語家としてお馴染みの東西四人の落語家が、年末12月に東京で開催を続けている鉄道落語会です。鉄道ファンだけではなくて、落語ファンにも注目されていて、今や年末の恒例行事になった落語会。名付けて「東西鉄道落語家大集合2021」。 四人各々がジャンルの違った熱い鉄ちゃんで、その熱い思いを各々が自作の鉄道落語に込めて熱く高座で語るので、暑苦しい・・・いや、熱苦しいかも?
鉄道の事は全く分からないというお客さんも大歓迎。大いに笑って新しい年を迎えましょう!乗車券のお買い求めをお忘れなく。
 
 

 
12月19日()14時開演
「第194回 須磨寺落語会〜笑って新年を迎えよう!」


小春團治・梅團治・鶴二・雀太・九ノ一

山陽電鉄須磨寺北7分、須磨寺青葉殿

名簿登録1500円/初回1800円
要予約〈受付は電話のみで、11/30(火)10時から受付開始〉
検温、マスク着用にご協力ください。最大200人まで入場可。


春団治一門スタンプラリーは今回で終了します。
スタンプカードは賞品と引き換えてください。

問い合わせ:06−6606−5632梅團治事務所(10時〜19時)
 
◎神戸新聞文化賞を受賞した梅團治が開催している落語会の中で最も老舗の落語会。
三代目春團治・五代目文枝・五郎兵衛・仁鶴・ざこば・六代文枝・文珍・鶴瓶等、偉大な噺家もゲスト出演した落語会です。
1983年にスタートして、もうすぐ四十年。東京ディズニーランドと同じ年齢になります。福岡大学落語研究会先輩の小池弘三現管主のご協力で、当初は春秋(現梅團治)と同期の竹林の二人会で始まりましたが、 1991年からは梅團治と鶴二の二人で頑張って続けています。毎回大勢のお客さんにご来場をいただいて活気のある落語会になりました。
今はコロナ禍で必ず予約が必要ですが、予約なしにご来場いただける日が一日も早くくることを祈っています。
 
 

 
12月18日()14時開演
「第18回 じゅれっぷ寄席〜小3トリオの会〜小鯛
上方落語若手噺家グランプリ2021優勝記念」


『オープニングトーク』小鯛&小梅&小留・小留・小梅・「三十石」小鯛

予約1400円/当日1500円

問い合わせ&予約:06-6606-5632
umedanji@nifty.com事務局
 
◎小鯛・小梅・小留という芸名に『小』の字が入った一門がバラバラの三人会で、年に3回(三〜四か月に一回)開催をしています。
「小3トリオの会」と名付けたのは梅團治で、自身が山口百恵さんと桜田淳子さんのファンでコンサートも聴きに行ったほどだった為。 トリを務める噺家がネタ出しをして、その噺家がオープニングトークも務めます。
会場は京阪電車の枚方公園駅の目の前にあるショットバーJULEPという大変便利な場所。今回は、メンバーの小鯛君が「上方落語若手噺家グランプリ2021」で優勝した記念の会で、オープニングトークも三人が出演します。そして、トリを務める小鯛君のネタは枚方所縁の「三十石」を熱演。乞うご期待。
 
 

 
12月12日()17時半
大阪落語祭参加「『鉄』の世界〜梅團治・しん吉二人会」

弥壱・「看板のピン」梅團治・「鶴満寺」しん吉
〜中入〜
「鉄道落語」梅團治・「鉄道落語」しん吉

終演後、『スライドショー&抽選会』梅團治&しん吉&小梅あり

前売り・当日とも1000円※大阪落語祭特別料金
チケット完売※当日券はありません。

問い合わせ:06-6606-5632
事務所
 
 

 
12月4日()18時開演
大阪落語祭参加「新生第14回 名人は誰だ?」


雪鹿・「鼓ヶ滝」阿か枝・「兵庫船」春若・「くっしゃみ講釈」鶴二
〜中入〜「野ざらし」梅團治・「住吉駕籠」米輔

前売り・当日とも1000円※大阪落語祭特別料金

問い合わせ:06-6606-5632事務局
 
◎年に3回(4月・8月・12月)に開催をしている一門もキャリアもバラバラの5人の落語会。
開口一番の若手から始まって全部で六席。The落語会というオーソドックスな肩の凝らない落語会です。「名人とは何か?」から始まって、今は「名人は誰だ?」とタイトルも変更して14回目。今回は「大阪落語祭」に参加をしているので、当日も前売りも料金が1000円という特別料金になっています。普段は前売り2500円、当日3000円なんですよ。超お得になっているのでチケットはお早めにご購入下さい。
尚、当日券は前売り券完売の場合ありませんので、ご注意ください。
 
 

 
11月28日()14時
「桂春團治一門落語会」


春團治・梅團治・春 雨・咲之輔・〈ゲスト〉枝曾丸・春野恵子(浪曲)

和歌山城ホール小ホール

前売り&電話予約2000円/当日2500円(Lコード:55324)
要マスク着用(感染予防対策にご協力ください)

問い合わせ&電話予約:073-432-1212和歌山市民会館・和歌山城ホール
 
◎和歌山城ホール開館記念イベントの一つとして開催されます。和歌山県は梅團治の両親の故郷で、子どもの頃、盆と正月は必ず和歌山県内で過ごしました。
和歌山城も母方の祖父に何度か連れて行ってもらってます。父親の実家は海南市黒江で漆器を作っていて、叔父さんが家業を継いでました。祖母も父親も叔父さん叔母さんも亡くなってしまった今は、滅多に訪れることがありません。そんな思い入れもあって、新しくオープンする和歌山城ホールの開館イベントの落語会に出演できることを嬉しく思っています。
久し振りの和歌山県内での高座で、ワクワクしています。出演者も豪華な落語会です。乞うご期待!
 
 

 
11月27日()14時
「第7回 なでしこ寄席〜二代目桂八十八顔見世公演」


弥っこ・梅團治〜中入〜呂竹・八十八

神戸市西区文化センター2Fなでしこホール

前売り1800円/当日2000円
前売受講生・友の会会員1500円(当日2000円)
(Pコード508-553)

前売り券完売の場合は当日券なし(チケットは2ヶ月より発売予定)
ご来場時は要マスク着用。最大入場者数150人。

問い合わせ:078-991-8321西区文化センター

問い合わせ&電話予約:06-6606-5632梅團治事務所
 
◎「新なでしこ寄席」として再スタートして、早や7回目。前々回から「新」の字が取れて、落語会のタイトルも以前の「なでしこ寄席」に戻りました。
大阪や神戸の中心街から少々お時間が掛かりますが、地下鉄西神中央駅から歩いてすぐの場所に会場があるので、電車で来ると大変便利です。また、西区文化センター「友の会」に入会すると、1500円で入場可能と大変お得。但し、「友の会」の方のチケットは会場のみの販売です。
一般の方は「チケットぴあ」やセブンイレブンでもご購入頂けるし、購入の仕方が分からない方には電話予約もできるようにしました。但し、前売り券と予約で満席になった場合、当日券はございませんのでご了承ください。
今回は今夏に二代目を襲名した桂八十八師の顔見世公演になります。乞うご期待!
 
 

公演は終了しました
▽平成22年4月11日()(受付:11時半〜12時30分)
「京都・梅小路蒸気機関車館で桂梅團治が30周年記念イベントを開催!」

12時50分〜
(「SL梅團治30周年記念号」2往復運転)
※受付先着120名様限定乗車。

14時〜 (30分間)
(記念撮影、ミニ落語会)
 

京都 梅小路蒸気機関車館
JR京都駅から市バスB3乗り場/
「205系統」で梅小路公園前下車・徒歩5分
またはJR京都駅より西へ徒歩20分

大人/1000円(入館料+SL乗車賃+記念品)
小人/300円(中学生以下)

問い合わせ:06−6606−5632梅團治事務所

※扇形車庫内にて、記念撮影会&ミニ落語会「鉄道落語」などを開催予定。
もしかすると・・・楽しみ満載です。
主催:桂梅團治師噺家になって30周年を祝う会
 
◎噺家の中では「撮り鉄」で有名な梅團治ならではのこんな企画。梅團治の「撮り鉄」仲間が30周年を記念して開催してくれるイベントです。あなたもチョッと覘いてみませんか?
 
・・・「鉄道と夢コラボ」30周年祝賀会/新聞記事へ・・・・
 


公演は終了しました
▽平成22年3月7日()14時開演
「第13回 桂梅團治独演会『梅満会』
〜噺家になって30年目を迎える」


「開口一番」佐ん吉
「野崎詣り」梅團治

『特別ゲスト』春團治
〜中入〜
「ねずみ」梅團治
『ゲスト(音曲)』柳家紫文(東京より)
「時うどん」梅團治

会場:ワッハ上方5Fワッハホール

前売3000円/当日3500円 
※1月10日発売開始  

地下鉄なんば5分、ワッハ上方5Fワッハホール

《チケット購入&お問い合わせ》

電話&FAX:06-6606-5632梅團治事務所
06-6649-8640松竹芸能
《チケット販売》
06-6631-0 884ワッハ上方
ファミリーマート・サークルK・サンクス店頭
(Pコード:401−098)
 
梅團治の年一回の独演会「梅満会」の時期が近づいてきました。
この2010年に噺家になって30年目を迎える「梅満会」は、ゲストに傘寿祝いと春團治を襲名して50年を迎えた師匠の三代目春團治を迎えて開催します。色物ゲストには、大阪では珍しい音曲の柳家紫文師に東京からお越し頂きます。必見!の独演会に乞うご期待!